SNSとリアルとのギャップ。それって必要?

カンボジアからこんにちは。

延岡由規(@yuki_nobuoka)です。

 

あなたはこんなことを感じたことはありませんか?

 

あるいは、あなた自身がこんなことを言われたことはありませんか?

 

SNSやブログを通して、以前から知っている人とオフラインの場で出会ったとき

 

 

 

「なんかイメージと違う!」

 

 

わたしは普段、カンボジアで生活をしています。

一時帰国した際に、イベントや講演で初対面の方とお会いする機会が多々あります。

 

参加者のなかでも特に、国際協力に関心のある学生さんは、Twitterインスタで事前にわたしのことを知ってくださっている方がいらっしゃいます。

そのような方々から、かなり高い確率で言われます。

 

 

「延岡さんって、イメージと全然違いますよね、、」

 

 

SNS・ブログでのイメージ 3つ+α

「イメージと違う」とおっしゃる方に、どんな印象をお持ちだったのかを聞いてみると

よく言われるのが

 

  1. もっとガツガツしていると思ってました!
  2. 近寄りがたい人かと思ってました!
  3. めちゃくちゃ早口で話す人かと思ってました!

 

 

(+α)

・身体もゴツいのかと思ってました!

・標準語をしゃべるのかと思ってました!

 

 

リアルな場でよく言われること 3つ+α

実際に、オフラインの場でお会いする方によく言われるのは

 

  1. 雰囲気がやわらかいですね!
  2. 意外と話しやすい方だったんですね!
  3. おっとりした口調ですね、お話し聞いてて眠たくなりました!←

 

 

(+α)

・関西弁、いいですね!

・前回の帰国時に初めてお会いした定廣遼平さんのコメントも

 

 

ギャップは必要か?

どうやら、SNSやブログを通して受ける印象と、リアルな場で会ったときのそれに大きなギャップがあるようです。

 

 

オンライン上での自分とオフラインの場での自分。

 

ありがたいことに、総じて、このギャップがネガティヴに作用することはそれほどありません。

・・・とわたしは、感じています。

 

 

しかし、わたしにとっては由々しき事態。

 

 

なぜなら、オンラインとオフラインの間でギャップが生じるということは

 

セルフプロモーションがうまくいっていないことを意味するから。

 

 

ひとによっては、あえてそういったギャップを演出している方もいらっしゃるかもしれません。

でも、自分には必要のないことです。

 

 

無理をして、少し背伸びをして、インターネット上の世界に「自分」を築くことに0.01ミリもわくわくを感じないから。

 

そんなこと、めんどくさいし、時間がもったいないとも思ってしまうから。

 

 

であるならば、もっとリアルな場でよく言われるような印象を、オンラインでの発信を通して感じてもらえるようにしなければ。

そう思っているわけです。

 

 

 

プロブロガーのイケダハヤトさんは「デジタルな自分」と「リアルな自分」という表現で記事を書かれています。

 

 

 

SNSやブログにおいて、別人格を演じていると単純に疲れてしまいそう。

それに、これから遅れをとるような気がします。

 

 

ギャップを埋めるために

自分には必要のないギャップであるならば、埋めてやろうじゃないか。

 

ブログの更新頻度をあげていくのもひとつ。内容や言葉遣いも決して無理せず。

ただ、関西弁ですべて書いてしまうと相当読みづらくなる気がするので、そこはご勘弁。

 

 

もうひとつ。

比較的クローズドな環境で、とことん「そのままの自分」を表現する場として、noteにてマガジンを始めることにしました。

読みたい方にだけ読んでいただきたく、月額制の有料マガジンという形式です。

 

 

更新はこれからです。タイトルもヘッダーも変更の可能性大。

写真、言葉も含めて「自分らしさ」しかないマガジンになっていきます。

 

気になる方は、ご購読してみてくださいませ。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です