カテゴリ: 海外生活/海外旅行

こんにちは!新卒「国際協力師」の延岡由規(@yuki_nobuoka)です。


 


唐突ですが、今晩のフライトで一時帰国します。




そのため今朝、プロジェクトを行なっているバッタンバン州カムリエン郡を出て、国際空港のあるシェムリアップ、アンコールワットのあるシェムリアップに移動してきました。


 


自分でも驚くぐらい、街に近づくにつれてなんだか懐かしい気分に。。


自然と涙がこぼれてきそうな、なんとも言えない感情になりました。


元々涙腺は緩い方なのですが、最近、歳のせいかさらにゆるゆるになってきているのです。。


 




なんとなくですが、シェムリアップの郊外って、わたしの地元と雰囲気が似ている気がするんですよね。


道路が広い割にそれほど交通量も多くなく、道沿いには程よく飲食店やホテル、お家なんかが並んでいて。


街中はさすがに都会すぎて、わたしはあまり得意ではありませんが。


 


懐かしく感じる理由はもうひとつあって。

実は3年前、1人でバックパックを背負ってシェムリアップに来たんです。


人生で初めての海外は20歳の時に行ったフィリピンと、比較的海外デビューは遅い方だろうと思います。


 


そんなわたしにとって、人生で3番目に訪れた国がカンボジアなのです。




大学2年生から3年生にあがる春休みに、意を決してタイとカンボジアに約1週間ずつ、1人で行くことに決めたんです。


その頃はなぜか、アンチ『地球の歩き方』という少し歪んだ性格だったため、ガイドブックなどを一切持たずに行ったことを覚えています。まずは地図を手に入れるところから始まり、その辺のおっちゃん・おばちゃんに片言の英語で話しかけまくるような旅でした。


でも、そのおかげで現地の人のあたたかさや、その土地に住む人だからこそ持ち合わせている知識に頼ることの大切さを、身を以て学ぶことができました。


それから、バックパッカーに大人気のカンボジア シェムリアップのゲストハウスで偶然出会った同世代の方々とは、今でもたまに連絡を取り合うなど、旅での収穫は大きな大きなものとなりました。


当時は若気の至りか、単純に頭が悪かったのか、2週間の旅に(航空券を除いて)交通費も合わせて150ドルほどしか持って行きませんでした。宿泊費も含めて1日10ドルという、結構きつきつな旅だったことを思い出します。


f:id:yukinobuoka:20170607211128j:image


そりゃあもう、目の前のかぼちゃプリンを撮るのに必死でしたよ。


それぐらい、追い詰められていました。


 


あれから3年と少しが経ちました。


あの時、まさか自分がカンボジアに住んで仕事をするなんて誰が想像をしていたことでしょう。


あの頃の自分と比べると、心の余白が大きくなったなあと感じます。




まず、コミュニケーションの面。当時は大学の授業以外で英語を使う機会がほとんどなく、英語を話すことができるのかどうかすら自分でも分からない状況でした。英語という、普段口から発しない言語を振り絞ることで、相手の話の内容を理解することで、精一杯。とにかく「言葉」にコミュニケーションを支配されていたような気がします。


しかし、今はそれなりに海外での経験を積み、余裕を持って英語でのコミュニケーションをとることができます。その余裕を、言葉以外のコミュニケーションにまわすことができている気がします。とはいえ、まだまだ勉強不足。まずは、ネイティヴスピーカー同士の会話にも割り込んでいけるぐらいにはならないと。。


 


それから、なんと表現すれば良いのか、、いい言葉が見当たりませんが、「感度」の面における余白。


海外に行くこと自体もまだ3度目なのに加えて、1人旅という形で海外に行くのは初めてで、もう見るもの、聞くもの、やること為すこと全てが新鮮でした。


目の前の「新鮮さ」で、当時のわたしの五感は一杯いっぱいでした。それはそれでもう楽しくて。

ただ、今は良くも悪くも海外での生活に慣れてきているので、全部が「新鮮」と感じることは困難になっています。


その分、これまで「新鮮さ」で埋め尽くされていた中に余白ができたので、3年前には感じ取ることのできなかったものが見えてきたり、考えられたりと、なんだか歳をとったなあと思います。


 


前に進み続けるのも良いのですが、たまには、これまで自分が辿ってきた道を振り返ってみることも大事だなあと。3年振りのこの地で感じています。


昔行った場所にふら〜〜っと行ってみるとか、昔読んだ本をさら〜〜っと読み返してみるとか。


 


当時の自分との「違い」を楽しめる今の環境に、感謝ですね。


さてさて、フライトの手続きをしなければ。

こんにちは!新卒「国際協力師」の延岡由規(@yuki_nobuoka)です。

先週末の土曜日から2泊3日でお隣の国 タイに研修に行ってきました。現在携わっているプロジェクトにおいて、日本ではあまり馴染みのないハリナシミツバチの養蜂をするため、タイのチャンタブリ県農業職業促進開発センターに行ってきたのです。

わたしが働く認定NPO法人テラ・ルネッサンスの事業地は、カンボジアの中でも北西部に位置する、バッタンバン州というところです。

f:id:yukinobuoka:20170509175139j:plain

見ての通り、タイの国境付近にあり、車で2時間ほど西へ走ればタイに行くことができちゃいます。しかし、ここの国境を超えるのは少し面倒くさく、カンボジア人スタッフやカウンターパート団体の職員を含め、合計10人での国境越えには少し時間がかかりました。

 

タイに入ってみて


旅行先としても人気のこの2ヶ国。たくさんのバックパッカーが国境を陸路で超えてきたことでしょう。一般的な陸路でのルートは、アランヤプラテート(タイ)〜ポイペト(カンボジア)です。ここは利用者も多く、最もぼったくられやすいという悪名高いルートでもあります。わたしはこれまで3回ほど通ったことがありますが、特に変なことにはなりませんでした。おそらく、普通にしていれば大丈夫です。

今回の研修にあたって使用したルートは、少数派であろうダウン(Daung、カンボジア)ーバンレム(Ban Laem、タイ)ルートです。イミグレの前ではたくさんの机が置かれ何やら忙しなく、ひたすらパスポートを見ながら手を動かしている人たちが座っています。

f:id:yukinobuoka:20170509180205j:plain

旅慣れた方ならご存知かと思いますが、カンボジアからタイに入る際にも出入国カードを書く必要があります。ここの国境では、そのカードを自分で書かせてもらえないのです。カードなんてパスポート番号や滞在の情報を記入するだけで、初めての人でも誰かに聞けば自分で書けるにも関わらず、そのカード記入を代行するというビジネスが成り立っているのです。ちなみに、カンボジア人価格で1人120バーツ(約400円)でした。日本人ならもう少し値段が上がるかもしれません。

そんなこんなで無事にタイに入国して目に入ったのが、久しぶりにのセブンイレブン。

f:id:yukinobuoka:20170509180219j:plain

カンボジアにも進出の表明はされているものの、未だその動きはありません。しかし、カンボジアの国境から100メートルほど歩けば、当たり前のようにあるセブンイレブン。さすが、日本に次いで世界で第2位の店舗数を誇る国です。街を少し移動すると、日本で見るのと同じぐらいの頻度で見つけることができます。

セブン‐イレブン店舗数6万店に 1位日本、2位タイ | newsclip (ニュース、ASEAN、その他のニュース)

2016年のGDP成長率は前年比3.2%増(日本は1.2%)と、世界銀行の定義による「中進国」として継続的に経済発展を遂げているタイですが、必ずしもその影響は良いものばかりではありません。環境問題や格差拡大など、経済発展に伴う問題も明るみに出てきています。

中でも、わたしが先日のタイ研修に行った際に感じたのは「肥満問題」です。その肥満具合が、ちょっとぽっちゃりなんて可愛いものではなかったのです。

糖尿病はじめ、様々な生活習慣病の原因である肥満は、世界保健機関(WHO:World Health Organization)も世界的な健康上の問題として、対策に勤しんでいます。

ルポ 貧困大国アメリカ (岩波新書)』においては、アメリカにおける肥満(特に児童)の背景には貧困問題があることが指摘されていますが、タイでは少し文脈が異なるようです。

[amazonjs asin="4004311128" locale="JP" title="ルポ 貧困大国アメリカ (岩波新書)"]

 

タイにおける「肥満」は問題か?


WHOによると成人男女は、BMI25以上が「太り過ぎ(overweight)」、BMI30以上が「肥満(obesity)」と定義されます。(ネット上ではこれらの言葉が厳密に使い分けられていないため、少し情報が錯綜している感が否めません。。)

タイはASEAN諸国でインドネシアに次ぐ2番目の肥満率を記録し、2015年には糖尿病患者が400万人に上ったと報告されています。生活習慣病、肥満について国レベルで問題視されているのですが、特にお坊さんたちに蔓延している「太り過ぎ」は大きな問題となっているようです。

タイもカンボジア同様、上座部(小乗)仏教の国なので、お坊さんは修行を積んでいて質素な食生活を送っているというイメージがあります。しかし、バンコクにあるチュラーロンコーン大学の研究結果によると、太り過ぎと判断された僧侶は48%にも上ったそうです。びっくりですよね、タイではお坊さんの2人に1人が太り過ぎだなんて。。

その原因のひとつは、やはり食生活にあるようです。

www.mag2.com

 

タイ人の1日あたりの砂糖摂取量はティースプーン約25杯分という、驚くべきほどの砂糖消費大国でもあります。加えて、ここ数年の間に国の経済発展に伴い、外国資本のファストフード店舗数が急激に増えてきたのも、肥満問題を加速させているひとつの要因でしょう。

同時に、情報のグローバリゼーションも急進し、いわゆる「先進国」のライフスタイルにインターネットやSNSを通じて触れる機会が増え、憧れを抱く人が多数いるのも想像できます。その結果、これまでとは比べ物にならないほどの糖分、塩分の摂取をしていることでしょう。

体重が増えること自体を悪いとは思ってはいません。

その結果として、国をより良くする機会が奪われていることが問題なんじゃないか、ということです。

実際に、上記の記事によると、糖尿病を含む肥満が原因で生じた病気に対処するためにタイ政府が支払った医療費は2012年だけで約9500万円以上です。

これだけのお金を他のこと(国民の社会保障や教育分野等)に使うことができれば。。

・・・・・・

この「肥満問題」を通して、ヒトは何をやっているんだろうというのが率直な感想ですね。自分たちで問題を作り出して、自分たちでそれによる害を被って、自分たちでそれを解決するために新たな問題を作り出して。。

問題を起こした後に慌てて対処を考える。

そうすると、問題に対処することが「目的」になってしまい、問題の根本的な解決にはなかなか目が向かない。

 

これって「紛争」や「貧困」「環境破壊」など、世界平和を妨げている問題すべてに通じるんですよね。

結局、自分たちで自分たちの首を締めて。

自分たちの未来の世代に大きな大きな問題を残していって。

 

根本的な問題解決のためにできることを考えて、行動を起こす人がもっと増えていかないと。

とにかく、何としても今の体型を維持しようと、改めて決意をしたタイ研修でした。(研修での学びはそれだけではありませんのでご心配なく)

f:id:yukinobuoka:20170509182400j:plain

こちらも合わせて。
[kanren postid="73"]

[amazonjs asin="4004312256" locale="JP" title="ルポ 貧困大国アメリカ II (岩波新書)"]

↑このページのトップヘ