カテゴリ: 海外生活/海外旅行

こんにちは!新卒「国際協力師」の延岡由規(@yuki_nobuoka)です。

先週末から、日本は台風や選挙で様々な影響が各方面に出ていることと思います。皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

いきなりですが、質問です。

あなたは友達が何人いますか?

ネットワークが進化した今の時代、Facebookの「友達」やTwitterのフォロワーなど、数年前ではかんがえれないほど人との繋がり方は多様化しています。

そこで考えていただきたいのです。

あなたの「友達」は何を以って友達と呼べますか?

転じて、あなたの「身の回り」はどこまでを指すのでしょうか?

あなたが「社会」「世界」と捉えている範囲は、どこまででしょうか?

カンボジアに滞在して、はや半年が経とうとしています。

日本で起こっている選挙キャンペーンや台風被害に対するわたし自身の反応が、これまでとは大きく違っていることに気付いてしまいました。恥ずかしい話ですが、今回の選挙にはまったくと言っていいほど、ついていけてませんでした。というか、キャッチアップしようという気持ちがなかったです。

そんな自分に対してショックでした。

ああ、こうして『無関心』ができあがっていくんだろうな、と。

 

友達の数は150人まで


有名な仮説のひとつに、ダンバー数と呼ばれるものがあります。1990年代に、イギリスの人類学者ロビン・ダンバー氏によって提唱されました。

これにによると、1人の人間が関係を結べるのは150人程度だそうです。この数を超えてしまうと、分裂や収集がつかなくなってしまうとか。

「世界」や「身の回り」の範囲を考える上で、参考になりますし面白い説です。

[amazonjs asin="4772695249" locale="JP" title="友達の数は何人?―ダンバー数とつながりの進化心理学"]





明らかに変わったこと


日本に住んでいた頃からテレビはしょうもなくて、ほとんど見ていませんでした。主な情報収集のリソースはインターネット。カンボジアに来る前は情報に触れる割合として、日本:海外で5:5ぐらいでした。片足は日本に、もう片方の足は海外に着いている感じです。

ところが、今も情報源がインターネットであることには変わらないのですが、キャッチする情報の割合は明らかに変わっています。

日本:海外=1:9ぐらい。

「ボタンひとつで世界の裏側の情報が手に入る今の時代に、日本の問題にだけ目を向けていて良いんでしょうか」

なんて普段は言っているわたしが、日本で起こっていることに対して明らかに関心が薄れています。

 

「疎遠→無関心」になる危機感


これ、いつもは世界の「裏側」に関心を持つことを呼びかけている自分にとって、かなり危ない状況です。

日本に住んでいる方々がアジアやアフリカなど、海の向こうで起こっている悲惨な出来事になかなか目を向けられないのと同じように、

カンボジアに住んでいるわたしは今、カンボジアやミャンマー関連のニュースばかりに目が行き、日本で起こっている出来事に対して疎遠になっています。

軸足として日本に置いていたはずの片足が、浮き足立っている状態。

日本を軸に、地球の裏側に広がっていたはずのわたしの「世界」が、カンボジアとその近隣諸国に縮こまっています。

まだ、つま先が着いているだけ、「疎遠」で留まっているだけましです。

でも、これがさらに進んで完全に足が浮いてしまったら、無関心になってしまったらと思うと、非常に良くない状況です。

 

「問題」に対する意識


以前はこう思っていました。

「問題」は人々に認識されなければ、「問題」にさえなり得ない。

でも今の状況に陥ってみて、こう思います。

 

「問題」は、それを「感じる」ことから始まる。

 

正直、今はカンボジアにいるので日本で起こっていることを感じるのは難しいです。あくまでも想像するにすぎません。

一方で、カンボジアで起こっている問題は生活の中で痛いほど感じます。貧困や地雷のこと、政治的なややこしいこと。

問題だと「感じる」から、なぜそれが起こっているのか知ろうとするし、どうすれば解決に向かえるだろうと頭を働かせる。

これは今後の伝え方にも響いていくる気がするので、もう少し考えてみよう。

こんにちは!新卒「国際協力師」の延岡由規(@yuki_nobuoka)です。

今日は「秋分の日」ということで、秋の風が吹いてきた頃でしょうか。

カンボジアも今週は「プチュン・バン(Pchum Ben Day)」と呼ばれる連休がありました。日本で言う「お盆」のことで、4月中旬の「クメール正月」と並んで、カンボジアの人たちにとっては一大イベントです。

年によって具体的な日付は変動するようですが、2017年は9月19日〜21日の3連休でした。実家へ帰省したり、行楽地を訪れたりと、過ごし方は自由ですが、仏教国(上座部仏教)であるカンボジアでは、この期間の前後に7箇所の寺院を回って、ご先祖様の魂を敬う、といった習慣があるようです。

さて、滞在し始めて感じるのですが、カンボジアは祝祭日が多い!

月によっては、毎週のように3連休があります。リフレッシュするには良いのかもしれませんが、事業を動かす上ではスケジューリングにかなり気を遣います。

わたしのように、家族や友人が日本にいるスタッフは、祝日もそれほど関係なく動きたい気持ちでいっぱいです。しかし、カンボジア人スタッフにとっては、普段なかなか時間をとることができない、家族と過ごす大事な大事なお休みです。

「土の人」の文化や生活を尊重することは、わたしのような「風の人」が最も大切にしなければならない点です。

[kanren postid="75"]

それにしても祝日が多い。

ということで、カンボジアの祝日数を調べてみました。

 

、、、27日。

(参考:2017年カンボジア祝祭日・仏日のお知らせ | ピースインツアー [ベトナム・カンボジア・ラオス・ミャンマーへの海外旅行・スタディツアー]

2014年9月10日にマーサージャパンが発表した「年間祝祭日数世界ランキング」によると、世界一祝祭日の日数が多いのはコロンビアとインドで18日。

ちなみに、同ランキングによると日本は15日で第3位。2016年に「山の日」が設定されたため、現在は16日。

働きすぎだと言われがちな日本ですが、意外な結果でした。

なんにせよ、カンボジアの祝祭日数が世界的に見ても、圧倒的に多いのは明白です。

日本人は、「働くために休む」

欧米人は、「休むために働く」

よく言われる表現ですが、個人的にはどちらでも良いと思っています。

それは「仕事」や「働くこと」を人生の中でどのように捉えているか次第だし、最終的に限られた期間内に、きちんとしたアウトプットがあるのなら、なんでも良いなあと。

アウトプットまでのプロセスももちろん重要なのは分かっておりますが。

これだけ休みの多い、カンボジアという国で少なくともあと3年は働くことになるでしょう。

「仕事」や「働く」ということに対する自分の価値観も、この期間を通して変わっていくんでしょうか。。

そんなわたしはプチュン・バンの連休を活用して、カンボジアのリゾート地 シハヌークビルに行ってきました。続きはまたの機会に。

新卒NGO職員がゆく。photo by Yuki Nobuoka

日々の写真は、こちら。フォローもお願いします。
[blogcard url="https://www.instagram.com/yuki_nobuoka/
"]

[amazonjs asin="4413044622" locale="JP" title="ドイツ人はなぜ、1年に150日休んでも仕事が回るのか (青春新書インテリジェンス)"]

こんにちは!新卒「国際協力師」の延岡由規(@yuki_nobuoka)です。

8月も終わりに近づいてきましたね。。大学生は夏休みも後半に入ったところでしょうか。

長期休みを活用して旅行やインターンシップなどで、海外に行かれている方も数多くいるかと思います。

私も大学2年生の冬休みに、初の海外渡航としてフィリピンで2週間ほど滞在して以降、残りの学生生活における長期休みのほとんどを、海外で過ごしてきました。

特に、初めて行く国、初めて訪れる街に到着した時の高揚感は、言葉にするのが難しいほどたまらないものです。

 

それは今でも変わっておらず。。かれこれ、カンボジア滞在歴も計7ヶ月ほどになったのですが、バッタンバンという街の中でも、いつもと違う道を通ってみたり、いつもは行かないエリアに行ってみたりする時は、胸の高鳴りを感じます。

「視野を広げる」「友人をつくる」「海外経験を積む」など、海外渡航の目的は人それぞれでしょう。もちろん、それはとっても良いことだと思いますし、できれば若いうちに、できるだけ早い段階で外の世界に触れておくのは、将来何をするにも非常に大切な経験になると思います。

私は初海外が20歳と決して早い方ではなく、もっと若いうちから海外に行っておけばよかったと思うこともあります。(結局はタイミングの問題なので、後悔はしていませんが)

学生時代から日本と海外を行き来し、今もカンボジアに住居を持って働いている、そんな私が大切にしていることことがあります。

 

生きて帰ること


たったひとつ、これだけです。

様々な環境の違いがあるので一概には言えませんが、おそらくこのブログを読んでくださっている方の大半が、日本で育ち、家族や友人の多くが日本にいる方でしょう。

いわば、あなたの”home”、「帰る場所」は日本にあると言えるでしょう。

 

ならば、そこには何としてでも生きて帰ってほしいのです。

 

「何を大袈裟な」と思われるかもしれません。

でも、このご時世、いつどこで命に関わる危険が襲ってくるかわかりません。

まさかこんなところで、と思うような場所でテロ事件が発生します。

昨年11月にコロンビアのメデジンで起こった、日本人旅行者が殺害された事件も記憶に新しいでしょう。

 

脅すわけではなく、海外に行くということは、それほどのリスクがあるという意識を常に持っていてほしいのです。

じゃあ、日本は安全かと言われると、そうも言い切れません。日本にいても通常犯罪や自然災害などのリスクがあるのも事実です。

ただし、日本にいては向き合う必要のないようなリスクに直面する可能性が、海外に行くとつきまとってきます。言語の違いや交通手段の安全性、治安などのあらゆる面において、日本と同じ感覚で旅行に出ると、本当に痛い目に遭います。

 

脅すつもりはありません


「旅に出るな」とは言いません。

「海外に行くな」とも言いません。

メディアでは伝わりきらないものを自分の五感で感じること、現地で友人をつくることは、何にも変え難い経験となります。

海外に関心があったり、将来は世界を舞台に活躍したいと思っているような人が、海外旅行に潜むリスクを考えすぎて日本に閉じこもってしまう方が、長い目で見て大きなリスクだとも感じます。

ただ、もしもあなたの家族や友人が日本にいるのなら、必ず生きて帰ってほしいだけなのです。

 

私の人生に大きな影響を与えた方の1人に、ヨナミネさんという方がいます。60代(おそらく)の男性で、世界を旅している方です。

2014年3月、タイのバンコクを1人で歩いていた時、その方に出会いました。チェンマイ行きの夜行列車に乗るため、バンコクのファランポーン駅へ行こうとしていたのですが、どのバスに乗れば良いか分からずバス停でうろうろしていたところ、突然話しかけられたのです。

彼のおかげで無事に駅に着き、列車が出発するまでの間、色々なお話をしていました。

その中で、このようなことを言われたのです。

「私はね、もう日本に帰る必要がなくなったから。日本に置いてきたものは何もないから、こうして世界をまわっているんだよ。あなたはまだ若いんだから、親御さんもお友達も日本で待っているでしょう?なら、何があっても日本に帰るんだよ。

その後、ヨナミネさんとは少しだけ連絡を取り合っていたのですが、ここ3年ほど音信不通です。お互い、海外にいる期間が長く連絡先が分からなくなってしまいました。この記事が、彼にも届くと良いなあと思いつつ。

f:id:yukinobuoka:20170827213117j:plain
チェンマイ行きの列車を見送ってくれたヨナミネさん
七色に染まった髪を束ねた後ろ姿を、今でも鮮明に覚えている

 

先週、一時帰国した際、家族や友人と顔を合わせた時に、ふとこの言葉を思い出したのです。

自分としては、ただ、普通に帰っただけなのに。生きて帰っただけなのに。

これだけ喜んでくれる人が日本にいる。

この人達がいる限り、絶対に生きて日本に帰らなければならない。

改めて、そう思いました。

 

あなたに会いたい人がいる。

あなたを待っている人がいる。

財布がなくなっても構いません。

パスポートがなくなっても構いません。

代わりは、いくらでもききます。

ただ、命だけは、あなたという存在だけは、何にも変え難いのです。

 

今、海外旅行をしている方、これから海外へ行く予定がある方は、ぜひこのことを、いま一度意識してみてください。

そして必ず、生きて帰ってくださいね。

こんにちは!新卒「国際協力師」の延岡由規(@yuki_nobuoka)です。


今月中旬に日本に一時帰国した辺りから、体調が不安定です。

鼻が詰まったり、くしゃみが止まらなかったり、その日によって症状が違うのですが、何せ不安定です。。


おそらく、日本の寒さにやられてしまったのでしょう。


2週間ほど、体調が良かったり良くなかったりを繰り返していたのですが、ついに本日、一大決心をしました。


カンボジアの民間療法「コックチョル」「チョップクチョル」を受けてきたのです。


 


少し気持ち悪い写真が含まれますので、そういうのが苦手な方は今すぐ別のページに飛んでくださいね。


 


「コックチョル」


カンボジア人なら知らない人はいないのでは、というほど一般的に行われている療法です。


体にオイルを塗って、コインや棒状の金属片を使って背中や腕、鎖骨付近をごりごりと引っ掻くことで内出血を起こし、血流をよくする効果があると言われています。


カンボジアで「コイン」と言えばこのことだと伝わるほど、カンボジア人も熱が出たり、風邪を引いたりした時には、大抵コインをしています。


 


「チョップクチョル」


もうひとつが、チョップクチョルと呼ばれるもので、ガラス製の小さな容器を使って、体内の悪い気を取り除くというものです。


容器の中を火で炙って真空状態にし、背中や腕にぽんぽんとくっつけていきます。そして、数分間放置して悪い気を吸い出すそうです。


 


実際にしてもらいました


カンボジア人スタッフに、街で1番腕のある(らしい)お店に連れて行ってもらい、コックチョルとチョップクチョルを受けてきました。


f:id:yukinobuoka:20170625194019j:plain


 


上着を脱いでうつ伏せになり、まずはコックチョルからスタート。


 


 


結構痛かったです。


f:id:yukinobuoka:20170625194351j:plain


 


わたしももう23歳の大人ですが、これまでにあまり味わったことのない、逃げ場のない痛みでした。


というのも、わたしは割とお肉が少ない方なので、もう本当に骨を削られている感覚です。クメール語が話せたら、「もうやめてくれ」と言っていたかもしれません。


内出血を起こすことに喜びを覚えてしまった悪魔であるかのように、お兄さんはわたしの目に映りました。


これでもかというぐらい削られ続けたわたしの体はまるで魚の骨のように。。


f:id:yukinobuoka:20170625194426j:plain


 


次はチョップクチョル。


看板の写真(左のやつ)を見る限り、これは見た感じ気持ち良さそうだな〜〜と余裕をかましていたのも束の間。




f:id:yukinobuoka:20170625194458j:plain


 


お兄さんは狂ったように小さな容器をわたしの背中に乗せ始めました。お兄さんの手から離れたその容器は、ダイソンの掃除機も及ばないほどの吸引力でわたしの背中を吸い上げていくのです。


そしてワインのコルクを抜くかのように、ぽんぽんとその容器を外しては、また別の所へ吸い付ける。。


息を吸うのも辛いほど、背中の吸い上げが強くて。。


 


f:id:yukinobuoka:20170625194627j:plain


f:id:yukinobuoka:20170625194643j:plain


 


施術を受けること約1時間、ようやく終了した頃にはとんでもないことになっていました。


一緒に行ったカンボジア人スタッフも「こんなの今まで見たことない」と驚いてくれました。

そして彼はわたしの写真を撮り、数分後にはFacebookに投稿していました。


 


では、施術後のわたしの背中を、どうぞご覧ください。


 


 


 


 


 


 


 


 


f:id:yukinobuoka:20170625194726j:plain


 


 


「悪い気」はひとつ残らず、吸い取られたのではないでしょうか。


これでカンボジアでの生活レベルがまたひとつ、上がったような気がします。そして、体が少し軽くなったような気がします。


皆様も、カンボジアを訪れた際にはぜひ、民間療法をお試しください。


ちなみに今回は、15,000リエル(3.75ドル)でした。 


 


ただし、少し調べてみるとどちらも医学的根拠に基づいた療法ではないようなので、くれぐれも自己責任でお願い致します。


[amazonjs asin="9924517008" locale="JP" title="KRU KHMER クル・クメール カンボジアの伝統医療師と薬用植物"]

こんにちは!新卒「国際協力師」の延岡由規(@yuki_nobuoka)です。


先週末、日本へ一時帰国をしたのですが、怒涛のようなスケジュール組んでいたおかげで、あっという前にカンボジアへ帰国する日を迎えました。


久しぶりに光のような速さで過ぎる日々を過ごし、今、トランジット待ちのベトナム空港で、ほっとひと息ついています。


・・・その予定でしたが、日本で出発が遅れたために、ベトナムでのトランジット待ちは約30分と、結局帰りもばたばたでした。


f:id:yukinobuoka:20170613195308j:plain

久しぶりに窓際の席。


 


今回の日本滞在で改めて実感したのは、やっぱり自分は「人が好き」だなあということです。


これだけグローバル化が進み、科学技術の発展した現代社会においては、外国人が入れるような国なら大抵、どこに行っても日本や世界中の人との「繋がり」を保てるのではないでしょうか。FacebookやTwitterなどのSNSを用いて、あるいはSkype等でテレビ電話を使用して、いつでもどこでも「繋がれる」状況です。


現に私も、このブログをカンボジアから書いていますし、Skypeを使って日本の事務局にいるスタッフと打合せをすることがしばしばあります。それはもちろん、使えるものはうまく活用していけば良いのですが、直接、人に会って話すことを上回るほど実りのあるコミュニケーションは、今の私には思いつきません。


もともと人と話をするのが好きなのですが、それは人と話をしているのと同時に自分との対話を楽しんでいるところもあります。

話の内容だけでなく、その人の考えや言葉の言い回し、話す時の表情や身振り手振りなど、電話や文字だけだと伝わらない情報が一気にインプットされていきます。


同時に、自分が話すことでそれと同量のアウトプットをすることができます。

加えて、何かを人に伝える時って口から言葉が出る前に、あるいは文字にする前に、必ず「自分との対話」というステップを踏んでいるんですよね。おそらく無意識の間にもその作業を踏んでから、人に「言葉」で伝えているはずです。


 


幸いにも、私の周りには話し上手、聴き上手の方が多く、2時間ほど話せばお腹が鳴るぐらいの熱量を持った、大量のインプットとアウトプットができる環境があります。


学生時代ウガンダに滞在していた時も、現在書いているこのブログもそうですが、1人で生活をすると圧倒的に自分との対話をする時間が増えます。休みの日だと、カフェやレストランで注文する以外、誰とも話さない日も往々にあります。それ以外は基本的に自分との対話を楽しんでいます。海外にいると、よりその傾向が強くなるかもしれませんが、日本でひとり暮らしをしている方も同じではないでしょうか。


自身と対話をすることは、思考を深めていく上で重要なことですが、ある種の限界を孕んでるのも事実です。自分の価値観や経験、持ち合わせている言葉だけで物事を考えると、どうしてもあるところでストップしてしまいます。それを理解した上で、1人でとことん考えて、定期的に誰かにアウトプットし、アイディアの壁打ちをしてもらうことが、私には必要なのです。


誰かに話すことで、新たな視点に立つことができたり、それまで漠然と頭の中にあったアイディアまでの間に、急にロジックという道程が構築され、明確なものになっていくことがよくあることを知っているからです。


誰かに壁打ちしてもらうには、電話も良いですがやはり対面の方が好きだなあと思います。


 


今回の帰国は5泊6日と短かったのですが、そんな短さを感じさせないぐらい、たくさんの心の栄養をいただきました。


これから、自分がやりたいこと。そのために今やるべきこと。


見えかけては、また霧に埋もれて。


そんな繰り返しですが、自分の頭と手足を止めることさえなければ、いつかは確信を持って進めるはず。


全身から「わくわく」が溢れてきています。


着実に、ひとつずつクリアして、将来的に自分がやりたいことをやれる自分になれるよう、今日からまたカンボジアで楽しんでいきます。


[kanren postid="80, 59"]


 

↑このページのトップヘ