カテゴリ: 書籍/映画の紹介

カンボジアからこんにちは。


延岡由規(@yuki_nobuoka)です。


 


突然ですが・・・



 


目の前にこれら2枚のカードが並べられたとしたら、あなたはどちらを選びますか?


 


 


当然ながら、この質問に「正解」はありません。


でも、おそらく、多くの人が「平和」と書かれたカードを選ぶのではないでしょうか?


 


 


にもかかわらず、この世界から「戦争」がなくならないのはなぜでしょうか?


 


 


これは、本記事でご紹介する書籍『なぜ戦争は伝わりやすく平和は伝わりにくいのか~ピース・コミュニケーションという試み~』の冒頭部分を参考にしています。


 


・平和について考えている人


・平和のことを少しでも考えたことのある人


・世界をよくする活動に携わっている or 携わりたい人


・戦争や紛争が起こっている世の中に疑問を抱いている人


・メディアの報道に対して疑問を抱いている人


にはぜひ、読んでいただきたい1冊です。


 


戦後73年、平成最後の夏を迎える2018年。


「戦後」が終わらない社会にするために、なにができるのでしょうか。


 


「平和」を語るとき、なにを伝えたいのか?


国際協力のNGOで活動を始めてからというもの「伝える」という機会を望むようになりました。


また、ありがたいことに、そのようなチャンスをいただくことも増えてきました。


 


仕事として国際協力の支援現場に携わっている身としては、おそらく大多数の方々が思い浮かべるような状況を目の当たりにすることがあります。


あるいは、想像以上につらく、厳しい環境下での生活を強いられている人もいます。


 


 


世界を少しでも変えていくために


自分が他者に何かを伝えるとき、相手にどう感じてほしいのだろう?


自分の話を聞き終えたとき、相手にどんな想いを抱いてほしいのだろう?


どんな行動を起こしてほしいのだろう?


 


 


何より、自分は何を伝えたいのだろう?


 


 


そう自問したとき、わたしはやはり「平和」の側面を伝えたいという想いが上回りました。


 


 


世界で起こっている問題の凄惨さ。


自分の力だけではどうにもならない状況のなかで生きていくしかない人々の厳しさ。


今日を生き延びられるか、明日を迎えられるか、わからない生活を送る不安さ。


 


それらを伝えることの必要性ももちろん、理解しています。


 


 


ただ、世界を少しでもよくするという、希望や勇気、可能性。


どうせ「伝える」のであれば、わたしはこれらを伝えたい。


 


 


そんな折、ハフポストでの著者インタビュー記事を目にし、書籍の購入に至りました。


 


[blogcard url="https://www.huffingtonpost.jp/synodos/peace-war-communication_b_8062614.html]


 


書籍のなかでも語られている「戦争プロパガンダ」について、「コミュニケーション」と「プレゼンテーション」の違いに関してなどは、インタビュー記事内である程度紹介されています。


まずはリンク先の記事を読んでみてください。


そのうえで、特に「戦争プロパガンダ」に関して、もう少し事例をもとに詳しく知りたいという方は、書籍も読んでみるのをおすすめします。


[amazonjs asin="B013G57FBC" locale="JP" title="なぜ戦争は伝わりやすく平和は伝わりにくいのか~ピース・コミュニケーションという試み~ (光文社新書)"]


 


「戦争」と「平和」、伝えるとしたら?


「戦争」よりも「平和」を伝えることのほうが難易度が高いのです。


書籍のタイトル通りです。


 


その理由は、どこまでいっても言葉は「言葉によって」定義されているから。


 


 


これは書籍を読むと読まないとに関わらず、一度試していただきたいです。


「War」と「Peace」をキーワードにして、Googleの画像検索をしてみてください。


 


「War」で検索した場合、どのようなイメージが表示されますか?


逆に「Peace」をキーワードにした場合、検索結果はどのようになるでしょう?


 


この検索結果の違いも紹介しながら、筆者はこう述べます。



戦争には「絵になるもの」があって、ある程度イメージを共有できるが、平和には絵になるものが「ない」ため、たとえ「平和のイメージ」を持っていたとしても、それを他人と共有するための「ひとつのイメージ」に集約することは難しいということなのである。だからこそ、互いに「わかったつもり」になることは、大きな「ミスコミュニケーション」をうむ可能性が高い。



 


「平和」には万国、万人共通のひとつのイメージがないために、それを説明するための言葉が必要なのです。


つまり、定義が曖昧な言葉を人に伝えるときには、そのためにまた言葉が必要とされるのです。


 


 


「世界平和」と言ったとき、あなたはなにを思い浮かべるでしょうか?


 


 


多くの人に共通する傾向はあるかもしれませんが、正解・不正解のあるものではありません。


著者の言葉を借りるなら「平和のイメージを互いにすり合わせる作業」が必要となり、そのひと手間が「平和」を伝えにくいものにしているのです。


 


「平和」≠「反戦」



日本人にとっての平和とは「反戦」を意味している。広島・長崎の被爆者たちが訴えてきたことや、沖縄の元ひめゆり学徒が語り継いできたことも、「戦争は二度としない」という不戦の誓いであり、武力を「絶対悪」とするものであった。つまり、日本人には「平和=反戦」「戦争=絶対悪」との共通したイメージがあるということである。



「平和=反戦」という図式は日本において成立するものなのかもしれません。


これには賛否両論あると思います。しかし、これもまた「真」であるのではないでしょうか?


 


小学生のころから始まった「平和教育」を思い返してみても、入り口は広島や長崎での凄惨な過去をはじめ、様々ありました。


しかし、結論はいつも「戦争は二度度繰り返さない」だったように思います。


これも間違いであるはずはありません。


 


ただし、「紛争屋」を名乗る伊勢崎賢治氏の言葉やルワンダ内戦、イラク戦争などの事例を示しながら、国際的な視点に立った場合に「平和」が意味するところが必ずしも「反戦」ではないことを説いています。


 


100%同意できるかと聞かれると、理解はできますが"YES"と断言するのは難しいです。


しかし、世界の平和を考えるとき「平和」≠「反戦」であるという考えは見落としてはいけないものです。


 


「戦後」が「戦争前夜」にならないために


冒頭の「平和」と「戦争」と書かれたカードの話に戻ります。


 


大多数の人が「平和」を選ぶでしょう。


しかしながら、戦争が終わらない理由を「問い」に焦点を当てて説明しています。



そもそも「正」対「悪」の問いでは、ジレンマは発生しない。葛藤がある問いというのは、要するに「正」対「正」ということなのである。私たちが戦争と平和について考えるとき、この「正」対「正」の問いを見つけなければならない。なぜなら、「戦争」と「平和」が選択肢として与えられれば、ほとんどの人が「平和」を選択するにもかかわらず、それでも戦争がなくならないのは、この二つが「問い」にはなっていないからなのだ。



 


つまり、「戦争」をとるか「平和」をとるかという問い自体が、そもそも適当ではない可能性があるのです。


なぜなら、そのどちらにも「正しさ」が含まれているから。


 


まずはここでいう「正しさ」から理解する必要があるのかもしれません。


 


個人的には、「平和な世界」を思い浮かべたとき「戦争」というものは存在しません。


でもこれはあくまでも「わたしの思う平和」であって、世界中のすべての人が賛同してくれるかは正直、わかりません。


 


それでも「平和」を求め、他者に訴えていくことが必要です。


 



正義か平和か。正戦か反戦か。問われているのは、どこまでもジレンマを伴う「正」対「正」という正解のない問いだ。だからこそ、と改めて思う。できるだけ立場を決めず、ぎりぎりまで、問われるその瞬間まで、考え続けるしかないのだ。たとえ本来はそんなに簡単に決められることではないとしても、正解がない問いなのだとしても、私たちはいずれ選択しなくてはならない。



 


本書においても、「平和」を手にするために具体的な方法が明示されているわけではありません。


 


肝心なのは、悩み、考え続けること。


できるかぎりニュートラルな視点に立って、あらゆる立場からの情報に触れること。


 


一見、当たり前のように感じるような、でもものすごく大切なことを改めて教えてくれる1冊でした。


[amazonjs asin="B013G57FBC" locale="JP" title="なぜ戦争は伝わりやすく平和は伝わりにくいのか~ピース・コミュニケーションという試み~ (光文社新書)"]

こんにちは!新卒「国際協力師」の延岡由規(@yuki_nobuoka)です。

以前からお伝えしていた通り、先日、原貫太さんとの共著『国際協力師たちの部屋 特別版ーゼロから考える"本当の"国際協力ー』の販売を開始しました。

お読みいただいた方から、徐々にご感想をいただいております。

ありがとうございます!

今回は、Facebookのmessengerにてお送りいただきました。

学生時代から国際協力に関わっていた、20代女性、会社員(金融系)の方です。ブログへの掲載許可をいただきましたので、以下にご紹介します。

 

『国際協力師たちの部屋 特別版』を読んで


国際協力に本気で取り組む若い二人の想いが書き記された一作です。

読めば読むほど彼らの強い想いに感銘を受けます。

人を動かすことは、簡単ではありません。

しかし、この本には、その力があります。

しかも会話形式の文章のため堅苦しくなく読みやすい。

新卒でNGOへ就職なんて無理だ、国際協力は経験を積まないとできない、国際協力に何となく興味がある、やりたい事があるがなかなか一歩が踏み出せない等思いを持つ方々にぜひ読んで欲しい一冊です。

また、以前は国際協力に関わっていたが今は離れている。平和を強く願う人たちが身近いないなか、自分だけ平和を訴え続けるのが、以外と難しい…と思っている方。少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方々にもオススメです。

著者のお二人があまりに強く、アツく、飾らずに、良い意味で話したいことを話しているので、この本を読むと、恥じらいなく平和を語る勇気が湧いてきます。

最近話題の日本人の働き方に対しても爽快に切り込む一冊です!

・・・・・・

ありがとうございました!!!

原さんと共同で運営している有料マガジン『国際協力師たちの部屋』も然り、今回の電子書籍も然り、わたしたちが今、考えていることや感じていることを、「等身大」の言葉で紡いでいます。

時に、少々キツイ表現になっていることもあるかもしれません。

でも、誰かが声をあげないと、議論は生まれないのです。

次のステップに進むことができないのです。
著者のお二人があまりに強く、アツく、飾らずに、良い意味で話したいことを話しているので、この本を読むと、恥じらいなく平和を語る勇気が湧いてきます。

わたしがやりたいのは、誰かを批判/攻撃することでもなく、自分のことを棚に上げるわけでもなく。

いただいたご感想のように、「国際協力」に対するハードルを下げていくこと、「世界平和」を当たり前の話題として語り合うことができる社会にしていきたいのです。

本著が、読者の方々の「国際協力」「世界平和」に対して考えるきっかけになればと。

 

2人の原点


“大学1年生の春。車の往来激しいマニラの道路で、一人の少女が物乞いをしながら歩いていた。彼女はボロボロのワンピースを身に付け、裸の赤ちゃんを抱えながら物乞いをしていた。その時、僕は感じたんだ。この世界は、なんて不条理なんだと。僕は国際協力を通じて、”世界の不条理”に立ち向かいたい。”(原貫太)

“小学校3年生の時、道徳の授業でサッカーボールにまつわる児童労働の問題を聞いた。「自分が遊んでいる大好きなサッカーボールの『裏側』では、血や汗にまみれた生活を送っている子どもたちがいる」。当時のわたしは、学校の休み時間や放課後に大好きだったサッカーができなくなるほどの大きな衝撃を受けた。”(延岡由規)

大学新卒で「国際協力師」の道を選んだ23歳と24歳のふたりが、「等身大」の言葉で国際協力について語り合います。

お読みいただいた方は、ぜひ、ご感想をお寄せくださいませ。

Amazonカスタマーレビューへの記載も、どうぞよろしくお願い致します。

[amazonjs asin="B07BDS2DST" locale="JP" title="国際協力師たちの部屋 特別版―ゼロから考える“本当の”国際協力―"]

→kindle unlimitedの30日間無料体験を活用することで、 無料でお楽しみいただけます。



エイズ孤児支援NGO・PLAS代表理事 門田瑠衣子さんからいただいたエピローグは、こちらにて無料公開しております!

[blogcard url="https://note.mu/kantahara/n/n563fcdec73ee"]

こんにちは!新卒「国際協力師」の延岡由規(@yuki_nobuoka)です。

先日お知らせした通り、来るべき2018年3月13日に、Kindleにて電子書籍を出版することになりました。

【お知らせ】3月13日に電子書籍を出版します - 新卒NGO職員がゆく。

昨年10月、友人の原貫太さんとnote(ノート)にて、半ば勢いで運営を開始した共同マガジン『国際協力師たちの部屋』がひとつの形となって、皆さまにお届けできることを嬉しく思います。

とは言え、今回はあくまでも有料マガジンの延長線上で、第1弾でしかありません。

来年度からまた、新たな実験をしていこうと企画中なので、お楽しみに。

さて、今回出版する電子書籍のベースとなったのが、noteで共同運営している有料マガジン『国際協力師たちの部屋』です。

マガジンについては、週に2本、原さんとの交換日記形式で「国際協力」についてどこよりも広く、深く、お伝えしていこうという想いで更新をしております。

基本的にマガジンの告知はFacebooktwitterなどのSNS、または、つながりのある方に個別でお知らせをしてきました。

しかしながら、「noteの登録方法がよく分からず、途中で諦めてしまった」という声がよく届きます。

そこで、この記事ではnoteの登録方法、それから共同運営マガジン『国際協力師たちの部屋』の購読方法をご紹介します。

ポイントはたったひとつ。

 

Gmailをご使用の場合、noteからのメールは「ソーシャル」に届きます!

ここからは画像とともに。PCブラウザ版でご説明していますが、スマホでも同様です。

また、Facebook/Twitterアカウントをお持ちの方は、それらと連携して登録することができます。とても簡単にできますので、今回はメールアドレス(Gmail)を使用して登録される方向けの内容です。

 

note(ノート)新規登録の流れ


まず、note(ノート)の新規登録画面にいきましょう。

[blogcard url="https://note.mu/signup"]

noteのアカウントをお持ちでない方は、以下の画面が表示されます。

f:id:yukinobuoka:20180311151722p:plain

会員登録をクリック→メールアドレス・パスワードを入力

f:id:yukinobuoka:20180311151836p:plain

興味のあるジャンルは、とりあえずスキップで問題ありません。

f:id:yukinobuoka:20180311152048p:plain

noteのトップページに移ります。

上記で登録したメールアドレスに確認メールが届きますので、受信トレイを開きましょう。

f:id:yukinobuoka:20180311152138p:plain

ここが最大のポイントです!

noteからのお知らせメールは、特に設定をしていなければ「ソーシャル」に届きます!

こちらを見落とされ、「メールが届かない」と登録を途中でやめちゃう方が多いですので、お気をつけください。

本当に確認メールが届かない場合は、ひとつ上の画像にある「再送する」を押しましょう。

f:id:yukinobuoka:20180311152512p:plainf:id:yukinobuoka:20180311152532p:plain

届いたメールを開くと、確認完了のURLが記載されています。

こちらをクリックすると、登録が完了します。

f:id:yukinobuoka:20180311152716p:plain

 

マガジン『国際協力師たちの部屋』を購読する


noteの登録が完了したら、トップページから「国際協力師たちの部屋」を検索してください。

f:id:yukinobuoka:20180311152940p:plain

検索結果から「マガジン」を選択すると2つ出てきます。

紛らわしくて申し訳ございません。

【更新終了】とタイトルが付いたものは、更新終了しておりますので、お間違えのないようお気をつけください。

f:id:yukinobuoka:20180311153023p:plain

ここから、購読方法は主に2通りあります。

①マガジントップページから購入手続きへ

f:id:yukinobuoka:20180311153527j:plain

②当月公開の最新記事から購入手続きへ

当月に公開された記事から、マガジンを購読できます。noteの仕様上、前月以前の記事はバックナンバーとして単発購入は可能ですが、マガジンの購読はできません。お気をつけください。

f:id:yukinobuoka:20180311153758j:plain

各記事、無料公開エリアも設定しておりますので、こちらの方法がおすすめです!

f:id:yukinobuoka:20180311153828p:plain

あとは、お好きなお支払い方法をお選びください。

f:id:yukinobuoka:20180311153934j:plain

その後、必要な情報を記載していただくと、購読完了となります。

note(ノート)は様々なクリエイターの方が、無料で公開しているコンテンツも豊富です。アカウント登録自体は無料ですので、これを機に、noteユーザーが増えると嬉しいです!

原さんと共同で運営している交換日記形式マガジン『国際協力師たちの部屋』はこちらから。月額350円で、どこよりも広く、深く、「国際協力」についてお伝えしていきます!

[blogcard url="https://note.mu/kantahara/m/ma0c6394650fc"]

ついにお知らせできる日が来ました。

NPO法人コンフロントワールドを立ち上げた友人の原貫太さんと、3月13日にKindle版にて共著を出版します。

タイトルはこちら。

『国際協力師たちの部屋 特別版ーゼロから考える"本当の"国際協力ー』

『国際協力師たちの部屋 特別版ーゼロから考える"本当の"国際協力ー』

今年の3月に大学を卒業される原さんと、2017年卒で「社会人」1年目のわたしが、等身大の言葉で綴る国際協力専門書です。

昨年10月から、勢いで始めた共同運営の有料マガジン『国際協力師たちの部屋』の過去記事を合体し、編集後記を追加しました。

それだけではありません。

なんと!!!

エイズ孤児支援NGO・PLASの代表理事である門田瑠衣子さんから、エピローグも寄稿していただきました。

何度読んでもぞくっとするほど、素敵な文章です。

理想の社会を実現すべく、2018年もどんどん仕掛けていきますよ。

今回はその第1弾!

どうぞ、ご期待ください!!!

有料マガジン『国際協力師たちの部屋』の購読(月額350円)は以下リンクよりお願いします。

[blogcard url="https://note.mu/kantahara/m/ma0c6394650fc"]

こんにちは!新卒「国際協力師」の延岡由規(@yuki_nobuoka)です。

すごい本に出会いました。 

最近読んだ本の中でも、ボリューム、内容ともにかなり読み応えがありました。

休日の調整で先週末から連休をいただいていましたが、そのほとんどを費やしてしまうほどでした。。

でも、確実にそれだけの価値はあります!

2018年 読んでよかった本ベスト5入りが早くも確定しました。

・企業/組織のなかでマネージャークラスの立場にいる方

・企業/組織のトップにいる方

・今の職場にモヤモヤを抱えている方

・チームを引っ張る立場にいる方

・将来的に起業を視野に入れいている方

必読です!

それは、1月24日に発売開始となったこちら。

ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現

カンボジアにいても、新刊を購入して読むことができるなんて、ほんと恵まれた時代に海外駐在をしているなあと思いつつ。

[amazonjs asin="4862762263" locale="JP" title="ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現"]





概要



次の組織モデルは、これだ。


上下関係も、売上目標も、予算もない! ?
従来のアプローチの限界を突破し、圧倒的な成果をあげる組織が世界中で現れている。
膨大な事例研究から導かれた新たな経営手法の秘密とは。


原書発売後またたくまに世界中に広がり、12カ国語・20万部を超えるベストセラーに。
新しい時代の経営論として支持を集める待望の一冊、ついに日本上陸。


amazon.com『商品紹介』より抜粋)

この時点でワクワクする方は、今すぐ読みましょう。笑

本書では、組織モデルのパラダイムを人類の歴史と発達心理学の側面から考察しています。

そして、それぞれの発達段階と組織モデルに名前と色を付けて区別がなされています。タイトルにもなっている「ティール」も緑っぽい青色を意味する英語です。

「進化型組織」にティールという色を付けて、

じゃあティール(進化型)のモデルに近づくためには?

実際にティール(進化型)パラダイムで運営されている組織は?

など、多くの実例、実践するためのアドバイスを交えながら紹介されています。

 

ティール(進化型)組織とは


次の図は、とてもわかりやすく概要を示しています。

f:id:yukinobuoka:20180129153419j:plain
(引用:日本語版付録「本書における人類のパラダイムと組織の発達段階」)

まず、現代におけるビジネス界・政界のリーダーの大半は「オレンジ(達成型)」の世界観を有していると指摘します。

達成型パラダイムにおいては「組織=機械」として見なされ、「予測と統制」によるマネジメントがなされます。

目標を達成することに重きを置いて、人間関係は軽視される傾向にあります。

次にある、自社を「家族」だと見なす「グリーン(多元型)」パラダイムのさらに先にあるのが「ティール(進化型)」です。

ティール(進化型)の段階まで来ると、それ以前の価値観は一掃されます。

・スタッフ機能は最小化される

・ミーティングの回数も最小化される

・意思決定権は1人ひとりにある

・組織図は不要である

・職務記述書も不要である

・なんなら、肩書きも不要である

本書には他にも記載がありますが、これらが次世代型組織の特徴です。

なぜ、そんなことが可能なのか?

 

答えは簡単です。

トップが、あるいはメンバー1人ひとりがお互いの「信頼」に基づいて働いているから。

「ティール(進化型)」パラダイムでは、組織は「生命体」「生物」として捉えられています。

今、あなたが所属している組織と比較してみて、いかがでしょうか?

 

ティール(進化型)組織による3つのブレイクスルー


著者は、ティール組織の事例研究を通して、以下の3つの突破口を指摘します。

1. セルフ・マネジメント(自主経営)


大きな組織であっても小さな組織であっても、構造的階層や関係者のコンセンサスに頼らずに、仲間との関係性のなかで動くシステムを構築する。

2. ホールネス(全体性)


1人ひとりの精神的なホールネスが改めて呼び起こされる。そして、ありのままの自分をさらけ出して職場に来よう、という気にさせる。

かつての「職場」は、本当の自分は家庭に置いてきて、「仮面」をまとって働くことを期待される場所であった。そこでは、合理性こそがすべてであり、情緒的・直感的・精神的な部分は排除される。

3. 存在目的


組織自身の生命と方向感を持っていると考えられている。戦略や予算を決める際には、組織が将来どうなりたいのか、どのような目的を達成したいのか、に耳を傾ける。

そして、これらを実際の組織運営に採り入れている企業に関するエピソードが数多く紹介されています。特に、各組織のCEOによるコメントは、著者の解説と同じぐらい響きます。

 

「職場」とは?


上述の「ホールネス(全体性)」に関してもう少し。

なぜ、ティール(進化型)組織の「職場」において、個人のそれ(情緒的・直感的・精神的な部分)を取り戻す必要があるのでしょう?

歴史を振り返ると、組織とは常に、ほとんど文字通りの意味でも比喩的な意味でも、人々が「仮面」をつける場所だった。




大部分の組織、あるいは機関は、その言葉の本当の意味において、「魂の抜けた場所」である。私たちの深い自己にとっても、魂の密かな願いにも安住できる場所ではない。



著者は、その大きな阻害要因を「恐れ」だと指摘します。
組織が暗黙の恐れに立脚しているのではなく、信頼と責任を育てる構造と慣行の上に成り立っていると、驚くほど素晴らしい、予想もしないことが起こりはじめる。

これを今、実際に自分が働いている職場に当てはめて、考えてみてください。

毎日「仮面」を被って「職場」に向かっている自分は居ませんか?

それが心地よいという人もいるでしょう。

しかし、わたしの場合は「すべての生命が安心して生活できる社会の実現」を目指す組織で働いています。

メンバー1人ひとりの「魂が安心できる」場としての「職場」をつくることは必要不可欠なのです。

 

まとめ


個人的にぐさっと刺さる部分です。
権力をトップに集め、同じ組織に働く仲間を権力者とそれ以外に分けるような組織は、問題を抱えて病んでいく。組織内の権力は、戦って勝ち取る価値のある希少なものと見られている。人はこうした状況に置かれると、いつも人間性の影の部分が浮き彫りになってくる。個人的な野望、政治的駆け引き、不信、恐れ、ねたみといった感情だ。組織の最下層では「あきらめ」と「怒り」の感情が広がりやすくなる。

今の自分はまさに危うい環境にあります。

「開発途上国」で働かれている日本人の方々は、特に気をつける必要がありそうです。

同じ組織のメンバーとはいえ、現地人スタッフたちからすると日本人というだけで「権力を持っている、いわゆるトップ層の人間だ」と、どうしても思われてしまいかねません。

本書を読んでいただくとお分かりになるのですが、権力がトップに集中するということは、トップの人間が社員に「信頼」を寄せていないことを意味します。

そんな「トップ」なんかには、絶対になりたくない。

 

遅かれ早かれ、自分のチーム、あるいは組織を持つことになるでしょう。

そのとき、「恐れ」に駆られて、「予測と統制」に基づいた組織運営を目指すのか。

あるいは、「信頼」を寄せ合い、自らの「存在目的」を基準とした「感覚と反応」に基づく運営を目指すのか。


自分の心の声に耳を澄まして、あなたの「存在目的」を拾い上げましょう。

[amazonjs asin="4862762263" locale="JP" title="ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現"]




↑このページのトップヘ