カテゴリ: 活動の様子

こんにちは!新卒「国際協力師」の延岡由規(@yuki_nobuoka)です。


地雷埋設地域における村落開発支援プロジェクトでは、現在(2018年度時点)カンボジア北西部のバッタンバン州3ヶ村を対象としています。今回は、2014年にプレア・プット村に編入された、山の麓の小さなコミュニティで実施している「やぎ銀行」について。わたしたちもそう呼んでいるので、今回ご紹介するコミュニティは「プレア・プット村(小)」とします。


 


プレア・プット村とは?


以前、基礎教育支援に関連して給食支援を始めたときに書いた記事があります。このなかで、村の状況について簡単に触れていますのでこちらをどうぞ。


[kanren postid="45"]


プレア・プット村はカンボジア北西部のタイ国境沿いにあります。ここは「K5地雷ベルト」の中に位置し、この村だけで6,000個以上の地雷が撤去されたそうです。


世界銀行によるとカンボジアの経済成長率は、2017年の6.8%から2018年には6.9%に上昇すると予測されています。ここ数年間はほぼ横ばいではあるものの、高い経済成長率を保っているカンボジアですが、国内全土においてその勢いを感じられるわけではありません。


戦闘に巻き込まれ、大量の地雷が埋められた地域は、都市部の経済発展に取り残されていると言える状況が多々あるのです。


 


収入源の単一化は危険


カンボジア農村地域にも貨幣経済が急速に浸透し、今では現金収入なしでは生き延びるのが難しいほどです。


類似の地域では、自分の土地で換金作物栽培をするケースもかなり多く見られます。しかし、プレア・プット村(小)においては約9割の世帯が農地を持っていません。


「農地を持っていないために、換金作物を栽培できない。でも、現金収入は必要である」


そのため、現金での日当を得られる出稼ぎ労働を主な収入源とせざるを得ないのです。日雇い労働や換金作物栽培それ自体が悪いとは言いません。ただ、問題なのはそれ以外に収入源がないことです。


日雇い労働でよくあるものは、地主が持っているキャッサバやトウモロコシなどの換金作物畑、あるいは、龍眼(リュウガン、ロンガン)という果物に農薬をまくなどの農作業です。これらは季節によって仕事の有無が大きく変動します。一度収穫が終わると、次に栽培する季節になるまでなかなか仕事がありません。


つまり、収入が不安定なのです。



 


そこで、わたしたちは村落開発支援のなかで、収入源の多様化を目標として家庭菜園の推進や家畜飼育の普及をしているのです。


そのなかのひとつがプレア・プット村(小)で実施している「やぎ銀行」です。


 


「やぎ銀行」?


「ヤギ銀行 国際協力」で検索すると、いくつか活動事例が出てきます。ご関心のある方は調べてみてください。


わたしたちが実施しているやぎ銀行のルールは以下の通りです。



  1. 1世帯につき、やぎ3頭(雄1頭、雌2頭)を貸し出す

  2. 子やぎが生まれたら、離乳するまで育ててもらう

  3. 離乳した子やぎが3頭になったら、最初に貸し出した親やぎ3頭を返却してもらう

  4. 次の対象世帯に、返してもらった親やぎ3頭を貸し出す


 


離乳した子やぎ3頭は対象世帯のヤギになります。これを繰り返していくのです。やぎは繁殖力が高く、妊娠・出産のサイクルは半年ほどです。また、初産は1頭のことが多いのですが、基本的には1度の出産に2頭の赤ちゃんを産みます。


やぎ銀行では、次の家族にやぎを貸し出してやぎ飼育を普及し、コミュニティとして家畜資産を確保することを目指しています。そのため、4頭目以上の子やぎも離乳すれば返却してもらうことにしています。


やぎは比較的、病気に強く、カンボジアの農村部に自然に生えている草を食べて成長するので、餌代もほとんどかかりません。先日、村の様子を見に行ったら、近くに自生しているバナナをたらふく食べていました。



 


2巡目に貸出し開始


2017年6月から開始した、プレア・プット村(小)でのやぎ銀行。最初は「やぎを初めて見る」と言う子どもや「やぎは食べたことがない」と言うおっちゃん・おばちゃんたちでした。


[video width="1280" height="720" mp4="https://yukinobuoka.com/wp-content/uploads/2018/05/My-Movie-14.mp4"][/video]


(2017年6月、初めて村にやぎを連れてきたときの様子)


 


しかし、今となってはお世話もお手の物。子どもたちも含め、村の人たち全員でかわいがってくれたおかげで繁殖が進んでいます。昨年度にやぎを貸し出した4世帯のうち、3世帯が返却可能となりました。そのため、今月、親やぎ3頭ずつを返却してもらい、2巡目の世帯に貸し出しを開始しました。


先日開催したやぎの飼育技術に関する訓練にも参加し、かなり積極的に取り組んでくれています。


 


大人のやぎは1頭あたり約160ドル、大きくなるまで育てると200〜250ドルで売ることができます。日雇い労働の収入は5〜7.5ドルほどなので、やぎが収入源のひとつとして確立されると中長期的にまとまった収入を得ることができます。


わたしもカンボジアにいる間、複業としてやぎでも育てたいなあと思う、今日この頃です。


[blogcard url="https://www.instagram.com/yuki_nobuoka/"]

こんにちは!新卒「国際協力師」の延岡由規(@yuki_nobuoka)です。

カンボジアは4月中旬にクメール正月があり、大型連休をいただいておりました。その間、わたしはお隣の国、ベトナムに旅行していました。


仕事以外で外国に行くのはかなり久しぶりで、初めての国を訪れるあの新鮮な感覚に浸っていました。記念すべき人生10カ国目。ベトナムで撮影した写真は、インスタグラムにて随時、投稿していきますのでご覧くださいませ。


[blogcard url="https://instagram.com/yuki_nobuoka/"]

また気が向いたら、ベトナム情報もブログで書いていきます。


さて、そんなこんなでクメール正月も終えて、やっと通常運行に戻ったカンボジアでは早速、今年度の活動が始まっています。昨年度は何かとばたばたしていたことを言い訳に、あまりこちらを更新していませんでした。


でも、改めて考えると、毎日生きているだけでアウトプットすべきこと、あるいは書き残しておきたいことは山ほどあるんですよね。


それに、昨年度からの学びで、まとまった期間の報告書を作成するときにブログってすごく役に立つんです。検索もできるし、ブログから画像も引っ張ってこれるし。


という目的もあって、これからはもう少し日々の活動にも焦点を当てて、更新していこうかと思っています。すぐにサボってしまう気もするので、皆さん、リアクションをお願いします(笑)


今年度も、認定NPO法人テラ・ルネッサンスがカンボジアで展開をしていく事業は大きく3つ。


①地雷撤去支援


②地雷埋設地域村落開発支援


③地雷被害者を含む障がい者家族の生計向上支援


[kanren postid="71"]

なかでも、わたしが主に携わっているのは3つ目。


2017年4月から開始したこのプロジェクトも、2年目に入りました。基本的には自然農業の普及による、対象世帯の生計向上ということで、活動自体も昨年度とそれほど大きくは変わりません。


家庭菜園の推進も、そのひとつです。


自家消費する分の野菜を自給することで、支出における食費を削減できるのではないか、という考えで、狭い土地でも可能な家庭菜園をすすめています。


 

事業のベースライン調査時には、対象100世帯のうち、野菜の購入による支出があると答えたのは89世帯でした。その平均支出額は28.12ドル。


カンボジア農村部での日雇い労働に換算すると、約6日分の収入に当たります。土日を除いて、仮にひと月20日間、日雇い労働をするとしたら、これによる収入の30%が野菜消費に消えるわけです。(実際には土日も働く人もいますし、季節によって日雇い労働自体の機会も変動するので、一概には言えません)


地雷被害者を含む障がい者家族の生計向上支援プロジェクトでは、毎月2種類の野菜に関して、栽培技術や採種方法のトレーニングを提供します。対象が100世帯あるので、4つのエリアに分けて1日2セッション、計4セッションを2日に分けて実施します。各セッション終了時に、その2種類の野菜の種を配布します。


今月の野菜は「cucumber(キュウリ)」と「chinese mustard green(日本語でなんて言うんだろ、、)」です。 新卒NGO職員がゆく。photo by 延岡由規


カンボジアの人に聞いたところ、キュウリは他のいくつかの野菜と並んで、カンボジア家庭料理には欠かせない野菜のひとつ。スープにも、炒め物にも使えるし、そのままでも、漬物にしても食べられます。わたしもカンボジアに住んでいてキュウリを口にしない日はないんじゃないというぐらい。


家庭料理に欠かせないということは、裏を返せば、市場に行くと必ず買うということ。


自家消費分のキュウリを自分で栽培できると、必然的にその分の出費を抑えられるというわけです。


もうひとつのchinese mustard greenもカンボジアの人たちはよく食べる野菜のひとつです。カンボジア特有の酸っぱい味付けのスープの具材として使用したり、なまでそのまま食べたり。


そんな2種類の野菜について、種を植える前の準備や、収穫までの期間などを伝えます。先生はカウンターパートの現地NGO CRDNASEのスタッフ。だけじゃなくて、対象地域であるカムリエン郡の農林水産局のスタッフも駆けつけて、知識を共有してくれました。このプロジェクトは終了までの残り約2年9ヶ月を目がけて、現地カウンターパートに引き継いでいく必要があります。そのうえで、今回のトレーニングのような、プロジェクト実施側の協力関係が築いていけていることがとても嬉しかったです。


新卒NGO職員がゆく。photo by 延岡由規

2種類の野菜だけにとどまらず、自然資源を活かした液体肥料、防虫薬の作り方も伝えました。


新卒NGO職員がゆく。photo by 延岡由規

出席率は100%とまではいかなかったものの、村のおっちゃん、おばちゃんたち、忙しいなか参加してくれました。体調不良やどうしても外せない用事で参加できなかった家庭には、別途、家庭訪問をして野菜の種を渡し、状況のヒアリングを行います。


ヒアリング中に、思わぬことが聞けたり、深刻な問題を耳にすることがよくあるんです。だから、インフォーマルな場/時間って大切なんだなあと、いつも感じています。


 

【共著出版のお知らせ】


わたしの「国際協力」に対する想いや考えはこちらにもかなり詰め込んでいます。NPO法人コンフロントワールドを立ち上げた原貫太さんとの共著、ぜひお読みください。

[amazonjs asin="B07BDS2DST" locale="JP" title="国際協力師たちの部屋 特別版―ゼロから考える“本当の”国際協力―"]

→kindle unlimitedの30日間無料体験を活用することで、無料でお読みいただけます。

こんにちは!新卒「国際協力師」の延岡由規(@yuki_nobuoka)です。


4月4日は「国際地雷デー」です。


正式名称は「地雷に関する啓発および地雷除去支援のための国際デー(International Day for Mine Awareness and Assistance in Mine Action)」


2005年12月8日、国連総会によって毎年4月4日を「国際地雷デー」とすることが宣言されました。その名前の通り、


・主に対人地雷に対する理解・関心を深めること
・地雷除去活動の支援を呼びかけること


を目的に、2006年の4月4日から制定されました。


当時の国連事務総長であったコフィー・アナン氏は、地雷という残虐兵器について次のように述べています。




たった1個の地雷が存在するだけで、いや、その存在の恐れがあるだけで、コミュニティ全体が人質となります。


(中略)


誰の耳にも、もうはっきりとしたメッセージが聞こえるはずです。文明社会に地雷が入り込む余地などないのです。


引用:地雷に関する啓発および地雷除去支援のための国際デー(4月4日)に寄せるコフィー・アナン国連事務総長メッセージ



新卒NGO職員がゆく。延岡由規
地雷原を示す標識 photo by Yuki Nobuoka

 

「悪魔の兵器」


地雷は、よく「悪魔の兵器」と称されます。その理由は主に以下の3つ。



1. 非人道性


ここでの「人道性」とは、国際人道法に照らし合わせたときのそれを指します。


国際人道法とは「戦争の手段や方法を帰省する原則や規制、それに文民、病人や負傷した戦闘員、戦争捕虜のような人々の人道的保護を扱った」国際法です。


つまり、国際的に定められたルールに則って行われる戦闘において、地雷は「非人道的」な武器であるのです。


一般的に用いる「人道」という言葉を思い浮かべた場合、そもそも武器自体が「人道的」なものではありませんから。


対人地雷は「人の命を奪うこと」ではなく、相手に怪我を負わせることを目的に作られたものが多いと言われます。爆発によってちょうど片手・片足が吹き飛ばされるぐらいの量に、火薬が調整されているものもあるのです。


単純に人の命を奪うよりも、怪我をした方が治療にかかるコスト、移動にかかる人的コストなど、敵軍により大きな損失を与えることができます。また、地雷によって四肢を失うこと、その姿を仲間兵士が見ることによる精神的なダメージも大きいものです。



2. 無差別性


地雷は、攻撃相手を選びません。


簡単に言ってしまうと、国際法に基づいた「戦争」において攻撃してもよいのは、軍事目標としての敵兵のみです。文民(=軍人でない人)を攻撃することは許されていません。しかし、地雷は攻撃対象を絞ることが難しく、子どもや女性をはじめとする一般市民にも被害が及んでいます。


実際、2017年12月に発表された地雷禁止国際キャンペーン(ICBL: International Campaign to Ban Landmines)による『ランドマインモニター 2017(Landmine Monitor 2017)』では、以下のように記されています。


・2016年の1年間に確認された、地雷やクラスター爆弾、その他不発弾による被害者数は8,605人


・被害者の大多数は市民であり、78%を占める


・そのうち、42%は子どもが被害を受けている


・全被害のうち、女性・女子によるものは16%を占める



3. 半永久性


一度地面に埋められた地雷が、地中からなくなる理由は主に2つです。


撤去作業が行われるか、誰かが爆発の被害に遭うか。


プラスチックの普及などによる武器の性質向上によって、製造段階で意図的に有効期限を短くしない限り、半永久的に威力を保ったまま地中に残り続けるのです。


カンボジアの武力闘争の歴史において、最も知られているクメール・ルージュの指導者 ポル・ポトは地雷に関してこのように発言したと言われています。




地雷は完璧な兵士である。決して眠ることもない。際限なく『そのとき』を待つことができるのだ。


参考:Long after war ends, landmines continue to pose a threat | TRT World



上述の『ランドマインモニター 2017』によると、2017年11月現在、世界で61の国と地域に対人地雷が残っているとされています。


100㎢以上の地雷原(対人地雷)が残っていると考えられているのは次の10カ国。


アフガニスタン/アンゴラ/アゼルバイジャン/ボスニア・ヘルツェゴビナ/カンボジア/チャド/クロアチア/イラク/タイ/トルコ


 

カンボジアにおける地雷


わたしが滞在しているカンボジアも、地雷の問題を抱えていることで世界的に認知度が高い国のひとつです。


カンボジア地雷対策・被害者支援機関(C.M.A.A:Cambodian Mine Action and Victim Assistance Authority)の報告書によると、当局が記録を保持している1979年から2017年12月の間、地雷/爆発性戦争残存物による被害者は計64,720人に上ります。


そのうち、18歳以下の子どもが占める割合は11.4%(7,425人)です。


新卒NGO職員がゆく。延岡由規

新卒NGO職員がゆく。延岡由規
C.M.A.A報告書より、筆者作成

最近5ヵ年で見ると、年間被害者数は減少傾向にあります。これは、撤去作業の進行や地雷/不発弾の回避教育が着実に成果をあげていると捉えることができます。


とは言え、問題が解決されたわけではありません。


地雷が撤去されて、命を脅かす危険から解放されたという点においては大きな前進です。しかし、もう少し包括的かつ長期的な視点で、自立した生活を確保するためには、やっとスタートラインに立てたようなものです。


特にわたしたちが活動をしているカンボジア北西部のタイ国境に位置するバッタンバン州は、内戦時代におびただしい数の地雷が埋設されました。


1984年後期に大量に地雷が埋められた、700㎞におよぶ「K5地雷ベルト」には、200~300万個の地雷が埋設されたと言われています。


カンボジア全土においては、推定400~600万個の地雷が埋設されたとされているので、この地域がどれほど大きな被害を受けてきたか(受けているか)は想像に難くありません。


 

地雷被害を乗り越えていく


そんな中、2017年4月からJICAによる草の根技術協力事業(パートナー型)というスキームで開始したのが、地雷被害者を含む「障がい者家族の生計向上支援」事業です。


事業名の通り、わたしたちが対象としているのは地雷事故をはじめとした、紛争被害によって障がいを負ってしまった方と、その家族100世帯です。片手・片足を失ってしまった人や、爆発によって片目が見えなくなってしまった人も数多くいます。


対象世帯はいずれも複数の収入源を持たず、外部環境によって変動する不安定な収入源しか持たない「脆弱」な生活環境下にあります。障がいを負っているために、この地域では多くの人が収入源としている出稼ぎ労働をするにしても、身体的に不利な状況の中、生活をしています。


でも、だからと言って「かわいそうな人」ではありません。


「何もできない人」なんかじゃ、決してありません。


事業を開始してから1年が経った今、徐々に活動による成果が見え始めています。以前の記事にも紹介した通り、生活面においても、あるいは気持ちの面においても変化が起き始めています。


[kanren postid="15"]

特に、支出を減らすことを目標に推進してきた家庭菜園に関しては、対象世帯のうち97%が実践をしています。


各世帯を訪問してお話をしていると


「いまは市場に行っても野菜を買う必要がなくなった」


「栽培した野菜を食べきれなくて、ご近所さんに配っているよ」


なんて声もたくさん耳にします。


正直、ここまで高い割合で家庭菜園が実践されるとは思っていませんでした。おっちゃん、おばちゃんたちの「未来をつくる力」には、良い意味で裏切られました。


今なお、残り続ける地雷/不発弾による被害を受けながらも、懸命に日々を生きる人がたくさんいることをわたしは知っています。


一方で、2018年になった今なお、爆発性戦争残存物によって命を奪われる人がいること、明るい未来を奪われる子どもがたくさんいることも知っています。


4月4日「国際地雷デー」の今日、地雷という問題について改めて、一緒に考えてみませんか。


そして「今」わたしたちにできることを考え、行動に移してみませんか。


新卒NGO職員がゆく。延岡由規

 

地雷、子ども兵をテーマに、当事者の複雑な人間心理が絶妙に描写された映画です。個人的に、何度も見たい作品のひとつです。
[amazonjs asin="B072Q297GH" locale="JP" title="ヒトラーの忘れもの(字幕版)"]


[blogcard url="https://www.instagram.com/yuki_nobuoka/"]

こんにちは!新卒「国際協力師」の延岡由規(@yuki_nobuoka)です。



NPO/NGOで働いている人に対して、どのようなイメージを持っていますか?

「社会問題の解決のために汗水垂らして、骨身を削って働いている」という印象をお持ちでしょうか?

それとも「自分が理想とする社会の実現に向けて日々、キラキラと働いている」という印象でしょうか?

「ワークライフバランス」や「働き方改革」という言葉が広く認識される世の中になりました。わたしはと言うと、「ワーク(仕事)」と「ライフ(人生)」は基本的に切り離して考えられないものだと捉えています。

特に、国際協力従事者には、そのような認識を持たれている方が多いのではないでしょうか。

そんなわたしの「仕事」における、とある1日のスケジュールを簡単にご紹介します。

 

ある1日


この日は、地雷埋設地域村落開発支援プロジェクト対象地のひとつであるサムロン・チェイ村に行ってきました。居住地であるバッタンバンの街中から比較的近くにある村なので、日帰りで訪れました。

---

※活動と活動の間は移動です

05:00〜05:15 起床、水浴び←水じゃないと駄目なぐらい暑いです

05:15〜06:20 身支度、タスク管理、メール/メッセージ対応

06:30〜07:15 カンボジア人スタッフとコーヒー その1←日課

07:30〜08:30 移動

08:30〜08:50 道中で朝食

08:50〜09:20 移動、村に到着



09:30〜10:30 村の人たちにインタビュー①

10:30〜11:30 村の人たちにインタビュー②

11:45〜12:45 昼食、カンボジア人スタッフとコーヒー その2←日課

13:00〜14:00 村の人たちにインタビュー③



14:00〜15:00 村の人たちにインタビュー④

15:00〜16:00 村の人たちにインタビュー⑤

16:00〜17:20 移動、帰宅

17:30〜18:00 夕食

18:15〜21:00 カフェで作業(インタビュー結果の整理、写真データ管理、メール対応、タスク管理、等々)



21:15〜23:00 水浴び、作業(同上)

23:00〜    寝るまで読書

---

こんな感じです。かなりざっくりですが。

冒頭のツイートにもありますが、フィールドワークに行けば行くほど、物理的にデスクワークは溜まっていきます。その分、どこかで埋め合わせをしていかなければなりません。

独り身で(→ここ重要)、「ワーク」と「ライフ」を別物と考えていないわたしにとっては、特に問題はありません。しかし、家族もいて友人もいるカンボジア人スタッフたちにも同じような「動き方」を強いてしまっているのは、考え直さないとなあと思っています。

さて、このスケジュールをご覧になって、あなたはどのように感じたでしょうか。

国際協力NGOで働くわたしの、ある1日のスケジュール。

イメージ通りでしたか?

それとも、違っていましたか?

 

【共著出版のお知らせ】


大学在学中からアジア・アフリカでの国際協力活動に携わり、卒業とともに国際協力を仕事にした原貫太・延岡由規の共著『国際協力師たちの部屋 特別版―ゼロから考える“本当の”国際協力』が発売中です。

2人のスケジュールについても、こちらで詳しくご紹介し、議論をしています。

▼テーマ一覧
vol.1 そもそも『国際協力』って何?
vol.2 国際協力の必要性って?なぜ日本の社会問題ではダメなの?
vol.3 なぜ学生時代に国際協力に携わるのに社会人になると辞める人が多いの?
vol.4 「国際協力」とか「世界平和」、誰のためにやっていますか
vol.5 新米国際協力師、原・延岡の一日のスケジュールは?毎日何をしているの?
vol.6 自分で選んだ「国際協力」の道、やめたいと思った瞬間はありますか?

[amazonjs asin="B07BDS2DST" locale="JP" title="国際協力師たちの部屋 特別版―ゼロから考える“本当の”国際協力―"]

→kindle unlimitedの30日間無料体験を活用することで、 無料でお楽しみいただけます。

ついにお知らせできる日が来ました。

NPO法人コンフロントワールドを立ち上げた友人の原貫太さんと、3月13日にKindle版にて共著を出版します。

タイトルはこちら。

『国際協力師たちの部屋 特別版ーゼロから考える"本当の"国際協力ー』

『国際協力師たちの部屋 特別版ーゼロから考える"本当の"国際協力ー』

今年の3月に大学を卒業される原さんと、2017年卒で「社会人」1年目のわたしが、等身大の言葉で綴る国際協力専門書です。

昨年10月から、勢いで始めた共同運営の有料マガジン『国際協力師たちの部屋』の過去記事を合体し、編集後記を追加しました。

それだけではありません。

なんと!!!

エイズ孤児支援NGO・PLASの代表理事である門田瑠衣子さんから、エピローグも寄稿していただきました。

何度読んでもぞくっとするほど、素敵な文章です。

理想の社会を実現すべく、2018年もどんどん仕掛けていきますよ。

今回はその第1弾!

どうぞ、ご期待ください!!!

有料マガジン『国際協力師たちの部屋』の購読(月額350円)は以下リンクよりお願いします。

[blogcard url="https://note.mu/kantahara/m/ma0c6394650fc"]

↑このページのトップヘ