こんにちは!新卒「国際協力師」の延岡由規(@yuki_nobuoka)です。



NPO/NGOで働いている人に対して、どのようなイメージを持っていますか?

「社会問題の解決のために汗水垂らして、骨身を削って働いている」という印象をお持ちでしょうか?

それとも「自分が理想とする社会の実現に向けて日々、キラキラと働いている」という印象でしょうか?

「ワークライフバランス」や「働き方改革」という言葉が広く認識される世の中になりました。わたしはと言うと、「ワーク(仕事)」と「ライフ(人生)」は基本的に切り離して考えられないものだと捉えています。

特に、国際協力従事者には、そのような認識を持たれている方が多いのではないでしょうか。

そんなわたしの「仕事」における、とある1日のスケジュールを簡単にご紹介します。

 

ある1日


この日は、地雷埋設地域村落開発支援プロジェクト対象地のひとつであるサムロン・チェイ村に行ってきました。居住地であるバッタンバンの街中から比較的近くにある村なので、日帰りで訪れました。

---

※活動と活動の間は移動です

05:00〜05:15 起床、水浴び←水じゃないと駄目なぐらい暑いです

05:15〜06:20 身支度、タスク管理、メール/メッセージ対応

06:30〜07:15 カンボジア人スタッフとコーヒー その1←日課

07:30〜08:30 移動

08:30〜08:50 道中で朝食

08:50〜09:20 移動、村に到着



09:30〜10:30 村の人たちにインタビュー①

10:30〜11:30 村の人たちにインタビュー②

11:45〜12:45 昼食、カンボジア人スタッフとコーヒー その2←日課

13:00〜14:00 村の人たちにインタビュー③



14:00〜15:00 村の人たちにインタビュー④

15:00〜16:00 村の人たちにインタビュー⑤

16:00〜17:20 移動、帰宅

17:30〜18:00 夕食

18:15〜21:00 カフェで作業(インタビュー結果の整理、写真データ管理、メール対応、タスク管理、等々)



21:15〜23:00 水浴び、作業(同上)

23:00〜    寝るまで読書

---

こんな感じです。かなりざっくりですが。

冒頭のツイートにもありますが、フィールドワークに行けば行くほど、物理的にデスクワークは溜まっていきます。その分、どこかで埋め合わせをしていかなければなりません。

独り身で(→ここ重要)、「ワーク」と「ライフ」を別物と考えていないわたしにとっては、特に問題はありません。しかし、家族もいて友人もいるカンボジア人スタッフたちにも同じような「動き方」を強いてしまっているのは、考え直さないとなあと思っています。

さて、このスケジュールをご覧になって、あなたはどのように感じたでしょうか。

国際協力NGOで働くわたしの、ある1日のスケジュール。

イメージ通りでしたか?

それとも、違っていましたか?

 

【共著出版のお知らせ】


大学在学中からアジア・アフリカでの国際協力活動に携わり、卒業とともに国際協力を仕事にした原貫太・延岡由規の共著『国際協力師たちの部屋 特別版―ゼロから考える“本当の”国際協力』が発売中です。

2人のスケジュールについても、こちらで詳しくご紹介し、議論をしています。

▼テーマ一覧
vol.1 そもそも『国際協力』って何?
vol.2 国際協力の必要性って?なぜ日本の社会問題ではダメなの?
vol.3 なぜ学生時代に国際協力に携わるのに社会人になると辞める人が多いの?
vol.4 「国際協力」とか「世界平和」、誰のためにやっていますか
vol.5 新米国際協力師、原・延岡の一日のスケジュールは?毎日何をしているの?
vol.6 自分で選んだ「国際協力」の道、やめたいと思った瞬間はありますか?

[amazonjs asin="B07BDS2DST" locale="JP" title="国際協力師たちの部屋 特別版―ゼロから考える“本当の”国際協力―"]

→kindle unlimitedの30日間無料体験を活用することで、 無料でお楽しみいただけます。

こんにちは!新卒「国際協力師」の延岡由規(@yuki_nobuoka)です。

以前からお伝えしていた通り、先日、原貫太さんとの共著『国際協力師たちの部屋 特別版ーゼロから考える"本当の"国際協力ー』の販売を開始しました。

お読みいただいた方から、徐々にご感想をいただいております。

ありがとうございます!

今回は、Facebookのmessengerにてお送りいただきました。

学生時代から国際協力に関わっていた、20代女性、会社員(金融系)の方です。ブログへの掲載許可をいただきましたので、以下にご紹介します。

 

『国際協力師たちの部屋 特別版』を読んで


国際協力に本気で取り組む若い二人の想いが書き記された一作です。

読めば読むほど彼らの強い想いに感銘を受けます。

人を動かすことは、簡単ではありません。

しかし、この本には、その力があります。

しかも会話形式の文章のため堅苦しくなく読みやすい。

新卒でNGOへ就職なんて無理だ、国際協力は経験を積まないとできない、国際協力に何となく興味がある、やりたい事があるがなかなか一歩が踏み出せない等思いを持つ方々にぜひ読んで欲しい一冊です。

また、以前は国際協力に関わっていたが今は離れている。平和を強く願う人たちが身近いないなか、自分だけ平和を訴え続けるのが、以外と難しい…と思っている方。少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方々にもオススメです。

著者のお二人があまりに強く、アツく、飾らずに、良い意味で話したいことを話しているので、この本を読むと、恥じらいなく平和を語る勇気が湧いてきます。

最近話題の日本人の働き方に対しても爽快に切り込む一冊です!

・・・・・・

ありがとうございました!!!

原さんと共同で運営している有料マガジン『国際協力師たちの部屋』も然り、今回の電子書籍も然り、わたしたちが今、考えていることや感じていることを、「等身大」の言葉で紡いでいます。

時に、少々キツイ表現になっていることもあるかもしれません。

でも、誰かが声をあげないと、議論は生まれないのです。

次のステップに進むことができないのです。
著者のお二人があまりに強く、アツく、飾らずに、良い意味で話したいことを話しているので、この本を読むと、恥じらいなく平和を語る勇気が湧いてきます。

わたしがやりたいのは、誰かを批判/攻撃することでもなく、自分のことを棚に上げるわけでもなく。

いただいたご感想のように、「国際協力」に対するハードルを下げていくこと、「世界平和」を当たり前の話題として語り合うことができる社会にしていきたいのです。

本著が、読者の方々の「国際協力」「世界平和」に対して考えるきっかけになればと。

 

2人の原点


“大学1年生の春。車の往来激しいマニラの道路で、一人の少女が物乞いをしながら歩いていた。彼女はボロボロのワンピースを身に付け、裸の赤ちゃんを抱えながら物乞いをしていた。その時、僕は感じたんだ。この世界は、なんて不条理なんだと。僕は国際協力を通じて、”世界の不条理”に立ち向かいたい。”(原貫太)

“小学校3年生の時、道徳の授業でサッカーボールにまつわる児童労働の問題を聞いた。「自分が遊んでいる大好きなサッカーボールの『裏側』では、血や汗にまみれた生活を送っている子どもたちがいる」。当時のわたしは、学校の休み時間や放課後に大好きだったサッカーができなくなるほどの大きな衝撃を受けた。”(延岡由規)

大学新卒で「国際協力師」の道を選んだ23歳と24歳のふたりが、「等身大」の言葉で国際協力について語り合います。

お読みいただいた方は、ぜひ、ご感想をお寄せくださいませ。

Amazonカスタマーレビューへの記載も、どうぞよろしくお願い致します。

[amazonjs asin="B07BDS2DST" locale="JP" title="国際協力師たちの部屋 特別版―ゼロから考える“本当の”国際協力―"]

→kindle unlimitedの30日間無料体験を活用することで、 無料でお楽しみいただけます。



エイズ孤児支援NGO・PLAS代表理事 門田瑠衣子さんからいただいたエピローグは、こちらにて無料公開しております!

[blogcard url="https://note.mu/kantahara/n/n563fcdec73ee"]

こんにちは!新卒「国際協力師」の延岡由規(@yuki_nobuoka)です。

2019年卒の就職活動も前年同様、3月1日に情報解禁がなされたようですね。大学卒業と同時に新卒で国際協力NGOに就職したわたしですが、実は2017年卒のスケジュールに沿って、わりと普通に就職活動をしていました。

[kanren postid="63"]

就職活動を始められたあなたは、どのような基準で企業を選びますか?

業界?職種?勤務地?待遇?・・・

などなど、軸は人それぞれにあると思います。

わたし自身は「企業/経営理念」あるいは「ヴィジョン」をものすごく重視していました。学生時代からNPO/NGOでのインターンシップをしていたこともあってか、個人的にもヴィジョンを大切にして生きていますし、自分の身を置く組織の掲げる理念といったものにはかなり敏感でした。

企業のホームページにはだいたい、企業理念/経営理念なるものが掲載されています。就活の企業選びの際には、まず「理念」を読んで、グッときたら話を聞きに行っていましたし、響かなければスルーしていました。それぐらい、自分の中では「ヴィジョン」や「理念」が大切です。

昨今、モチベーションも3.0にアップデートされ

「なぜ、その企業は存在するのか」

「なんのために働くのか」

といった「目的」が重要視されているように感じます。

[amazonjs asin="B018HVOXBA" locale="JP" title="モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか (講談社+α文庫)"]

そんな中、「理念経営」「ビジョナリー経営」という言葉が使われるようになりました。端的に言うと、「社員全員で共有される企業理念(企業が目指す目的、企業としての価値観)を明文化して、その実現を追求する経営手法」のことです。

理念経営の目的は一般的に、「全員が生き生きと働き、変化に柔軟に対応できる、永続する会社」をつくり上げることです。

「ワークライフバランス」や「働き方改革」が叫ばれて久しい今の時代に就活をする方々の中には、このような「理念経営」を実践している会社に就職し、「働きがい(≒生きがい)」を感じながら仕事をしたい、という方も多いのではないでしょうか?

「理念経営」「ビジョナリー経営」を実践している会社で働きたいあなたに、就活の面接時にすべき質問を4つご紹介します。

わたしも就活生のときにはこんな質問をして、面接官によく嫌な顔をされました(笑)

 

1. 御社の「経営理念」は何ですか?


上述の通り、大抵の企業はホームページに明文化された「理念」なるものが記載してあります。

しかし、ガイコツになっている場合も少なくありません。

「不勉強で大変申し訳ございませんが」と先に断った上で、改めて採用担当者に理念を聞いてみましょう。

この時のポイントは、相手が(企業パンフレットなど)何も見ずに言えるかどうか。

もしも、目の前にいる人の頭に「理念」が入っていないと判断できれば、その企業とはサヨナラしましょう。

就活生にとって「企業の顔」である採用担当者が理念を言えないような会社は、入っても幸せになれないでしょうね。

 

2. 理念浸透のために、何をしていますか?


「理念経営」を実践している企業で働きたいのならば、本当に、社員全員に理念が浸透しているかどうかが気になりますよね?

ならば、聞いちゃいましょう。

予想される答えとしては、

・毎朝、朝礼で唱和をしている

・年に●回、全社合宿を行なっている

といったあたりでしょう。

そこから質問を加えて、もっと具体的に理念浸透の仕組みが行動レベルで存在するか否かを吟味するとよいですね。

 

3. 御社が掲げる理念と、展開している事業はどのような繋がりがありますか?


これは、基本的に就活生自身が情報収集して、解釈する必要のある部分です。それを前提にしてはいるものの、ときには理念から遠くかけ離れたような事業を展開している企業もあります。

そんなときには、「企業の顔」に聞けば良いんです。

そこで理路整然とした説明が得られれば、すっきりするでしょう。

逆に、しどろもどろで的を射た回答を得られなければ “THE END” です。

あくまでも、自分でひと通り考え抜いた上で、質問してくださいね。

 

4. 貴方の人生のヴィジョンは何ですか?


これまでの質問で面接官とある程度、打ち解けることができたなら、ここで一気に相手の懐に入り込みましょう。

面接官に向かって、単純に「貴方がこの会社に就職した理由は何ですか?」と聞いても、(人によりますが、経験上)お手本通りの回答しか返ってきません。

要は聞き方次第。

人生のヴィジョンを聞き出すことに無事、成功したら、そのままこう聞いてみてください。

「貴方ご自身のヴィジョンと、御社で働くことはどのような繋がりがありますか?」

これも、許容範囲を超えた曖昧さが確認できれば、席を立って帰りましょう。

 

まとめ


いかがでしょう?

大前提として「理念経営」を実践している会社に“本気で”就職したいと考えている就活生を想定して、4つの質問を挙げました。

中途半端に「経営理念を大切にしている企業で働きたい」とお考えの方には、おそらくこのような質問はできません。し、意志のない質問はお互いにとって迷惑なのでやめておきましょう。

それから、就職活動はあくまでもマッチングのプロセスです。

企業側の言いなりになる必要はありません。あなたの個性を消す必要もありません。

就活生側が「入るべき企業を見極めるんだ」といった視点を忘れないでください。

こちらも合わせて。

[kanren postid="62"]

「国際協力という生き方」にも触れている有料マガジン『国際協力師たちの部屋』月額350円で、当月公開記事が読み放題です。

[blogcard url="https://note.mu/kantahara/m/ma0c6394650fc"]

↑このページのトップヘ