こんにちは!新卒「国際協力師」の延岡由規(@yuki_nobuoka)です。

 

いきなりですが、あなたの人生を変えた言葉ってありますか?

マザー・テレサ「愛の反対は無関心」や、マハトマ・ガンディー「善きことはカタツムリの速度で進む」、ネルソン・マンデラ「教育とは、世界を変えるために用いることができる、最も強力な武器である」など、偉人達の言葉に影響を受けたことがある人は少なくないかと思います。


世の中には、言葉を使って世界の現状を伝える人、世界に意見を投げかける人、そして世界の流れを変える人がたくさんいます。そんなに規模の大きな話でなくともあなたの身の回りには、きれいな言葉を使う人や人に「伝わる」言葉を使う人が1人や2人はいるはずです。わたしの周りにも、人の心を動かすような言葉を使う人や、この人と話すのは面白いと思わせてくださる方がたくさんいます。


今日考えたいのは、そんな「言葉」についてです。


 

ことだま信仰


わたしは、言葉=「発する人のすべての人生経験が凝縮され、それを表現する方法のひとつ」だと考えます。人にはそれぞれの性格、生い立ちや育った環境、経験などには違いがあります。まったく同じように育ってきて、まったく同じ事を、まったく同じ時間に経験してきた人は、この世にあなた以外にいないはずです。それら、人生におけるすべての経験が凝縮され、表現する際のツールのひとつとして、「言葉」があると考えています。人によっては、その表現方法が音楽かもしれませんし、絵画や写真かもしれません。


言霊(ことだま)信仰って聞いたことありませんか?そう、例のあれです。


人が発した言葉には霊的な力が宿っていて、それらが現実世界に良いことも悪いことも引き起こし得る、という日本の昔からの信仰のひとつです。わたしはある種、これを信じています。「ある種」と付けたのには理由があって、わたしにとっての「ことだま」は言霊ではなく、「言魂」なのです。


 

「言葉」に魂が宿る


わたしが考える「言魂」は、何も宗教的な意味合いを含むものではなく、人の言葉にはその人がそれまでに触れたことのあるすべての「魂」が込められていると考えています。つまり、発する人がそれまでに経験した、人との出会い、そして別れによって「言葉」はその人に蓄積され、同時に、そこに宿る「魂」もその人に刻まれていくと思うのです。


自身に当てはめると、わたしがこれまでの23年間に関わってくださったすべての方の「言葉」、そこに宿る「魂」は自身の中にすべて集積されており、それらを表現する際に頭の中で凝縮し、自分の「言葉」として表現しているのです。ここでは、人との出会いや別れのみ言及しましたが、これは本や雑誌、映画などの言葉に触れる機会すべてがその人の「人生経験」に含まれると考えています。


「この人の、この言葉に心を動かされた。」「この映画の、このセリフに感動した。」こういった経験は皆様にもあるのではないでしょうか。上述のようにして創り上げられた「言葉」が人の心を動かす時、何が起こっているのか。そこでは、「言葉」に宿った「魂」があなたに働きかけ、あなたの魂が共鳴し、共感が生まれているのだと、わたしは考えています。


 

ここから、「心動かされる言葉」=「共感を生むに値するだけの魂が込められた言葉」だと捉えています。逆に言うと、あなたが感動しなかった言葉には、それに値するほどの「魂」がこもっていなかった、ということです。あなたの心が動く時、それは「発信者の人生経験の結晶」に共感をしている状態を指すのです。


いやいや、そんな大袈裟な。と思われる方もいるかもしれません。しかし、このことを日々の生活の中で意識してみてください。自ずと人から伝わってくるものや、あなたが人に伝える内容、言葉ひとつひとつの選び方が変わってくるはずです。


抽象的なことをつらつらと書いてしまいましたが、わたしは、自分の言葉にはこれまでに出会ったすべての「魂」が込められていると信じています。そこにはもちろん、ウガンダで出会った元子ども兵、カンボジアで出会った地雷被害者の方々の魂も込められているのです。わたしが発する「言葉」=わたしの「これまでの人生経験の結晶」なのです。この記事を読んでくださった方に、わたしがいかに「言葉」を大事にしているかがお分かりいただけると嬉しく思います。


皆様も一度、自身の「言葉」について改めて、考える時間を設けてみていただきたいと思います。


[amazonjs asin="4894515792" locale="JP" title="「言葉」があなたの人生を決める"]

こんにちは!新卒「国際協力師」の延岡由規(@yuki_nobuoka)です。

前回の記事で少し書きましたが、わたしは学生時代より国際協力の道に足を突っ込み、その足で「国際協力師」として歩いていくことになりました。

[kanren postid="83"]

大学3年生を終えて4年目には1年間、休学をして現場に足を運び、実際にウガンダの元子ども兵社会復帰支援プロジェクトや、カンボジアの地雷撤去後の村落開発プロジェクトに携わるなど、自らの時間やお金を投入して国際協力に関わってきたわたしは、よく聞かれる質問・よくかけられる言葉がたくさんあります。


 

「幸せ」ってなんだっけ?


今日はよくかけられる言葉のひとつについて、自分なりの回答を示していきます。

「ウガンダの元子ども兵や、カンボジアの地雷被害者のサポートをするのはいいけど、もっと自分のために人生を使いなよ。」


 

、、、ん?


 

「自分の人生なんだし、もっと自分のこと大事にしなよ。」


 

、、、ん?


と、いつも疑問を抱いてしまいます。


 

結論から言うと、めちゃくちゃ自分を大事にしていますよ。自称 スーパー自己中人間なんです。その結果が、ウガンダやカンボジアでのインターン、新卒でのNGO就職という行動につながっているのです。


 

どういうことか。


 

ひと言で表すと、世界平和の実現は「自分の幸せ」のためなんですよね。語弊があるかもしれませんが。わたしには人生をかけて叶えたい目的=夢があります。そして、その夢を叶えるためには世界が平和な状態が必要不可欠なんです。


自分の目的から逆算していくと、世界が平和でなければなりませんし、世界の裏側で誰かが苦しんでいる、涙を流している現状は看過してはならず、現状を変えるために行動を選択しているのです。


 

さて、「幸せ」というものすごく抽象的で、普遍的な言葉を使いました。100人いれば100通りの「幸せ」の定義があってしかるべきで、他人に自分の幸せを押し付けるものではないはずで。


つまり、「幸せ」の定義は人によって異なるものであって、それを他人に押し付けるようなものではない、ということです。


 

では、あなたの幸せは何ですか?


 

今、頭の中で言葉になりますか?ならなくても全く問題ないと思います。ゆっくり時間をかけて、自分との対話を楽しんでください。深く深く突き詰めていくと、言葉という結晶になって表れてくるはずです。


ちなみにわたしは、なんとなく大学生活を送っていた2年生の時、つまり、20歳の時に、いろんなことを考える機会がありました。この時から本格的に始まった自分との対話が、今の自分のベースになっています。


 

ここで皆様が気になっているであろうことは、「お前の幸せはなんだ?」ということですよね。


 

わたしにとっての幸せとは簡単にいうと、「あなたが笑顔でいること」なんです。ちょっと簡単すぎて目を疑いましたかね。もう少しいうと、幸せと同様に、「平和」も団体や個人によって定義は様々あると思います。わたしにとっての平和な世界は、「全人類が喜びの笑顔を浮かべている社会」であり、「笑顔」が欠かせないのです。もちろん、これだけが「平和」の要素ではありませんが。


事業地のひとつであるカンボジア バッタンバン州ロカブッス村の子ども達 photo by Yuki Nobuoka
事業地のひとつであるカンボジア バッタンバン州ロカブッス村の子ども達 photo by Yuki Nobuoka

 

つまり、わたしにとっての「幸せ」→「世界平和」が必要不可欠→平和な世界とは「世界中の誰もが喜びの笑顔を浮かべていること」→「あなたの笑顔」が必要なんです。 これはウガンダでのインターン経験が大きく影響しています。


 

結局は、自分のため


このような思考の流れで、わたしにとっての「幸せ」とは、「あなたが笑顔でいること」という結論に至りました。あなたの笑顔をつくることと、わたしが幸せになることは同義だと捉えています。そのために、誰かを笑顔にできるなら、多少の無理や努力に自分の人生を費やすことは至極当然なことなのです。


それがそのまま、自分の幸せに繋がるから。


その誰かが、自分の大切な人であろうが、隣のおばちゃんであろうが、世界中にいる紛争被害を受けた人であろうが、関係ないのです。


インターンとして計6ヶ月滞在したウガンダで出会った元少女兵ら photo by Yuki Nobuoka
インターンとして計6ヶ月滞在したウガンダで出会った元少女兵ら photo by Yuki Nobuoka

 

結局、自分が「幸せ」になる=「世界に笑顔を増やしてく」ために、子ども兵や地雷といった問題は解決する必要がありますし、「すべての生命が安心して生活できる社会」を実現する必要があるのです。逆に言うと、子どもが兵士として戦場に立たされたり、大人兵士の性的暴力の対象とされたりするようなこの世界では、わたしは幸せにはなれませんし、自分の夢を叶えることができないのです。


 

あなたの幸せはなんですか?


 

その「幸せ」は、子ども兵が存在している今の世の中で、地雷や不発弾の脅威に晒されながら生活を送る人々がいる今の世の中で、得られるものですか?


 

究極的には、今の世の中を変えられないまま死んでいったら、「幸せな人生だった」と胸を張って言い切ることがわたしにはできないのです。


だから今、できることを行動に移し、それを継続しているのです。

こんにちは!新卒「国際協力師」の延岡由規(@yuki_nobuoka)です。

 

2017年度が始まり、はや1週間が経とうとしていますが皆様いかがお過ごしでしょうか。

先月、休学期間を含めて5年間お世話になった大学を無事に卒業し、晴れて「社会人」となった私ですが、本日ついに、ブログというものに手を出してしまいました。

これまで「発信」に関しては、講演、Facebookで満足していた私がブログを開設した理由を、第1回目の投稿として書き留めておこうと思います。

 

その前に、まず「何者か」


はい、私は延岡由規と申します。

2017年4月1日より、京都に事務局のある国際協力市民団体、認定NPO法人テラ・ルネッサンスの職員となりました。「世界平和の実現」が今の私のお仕事です。

2017年3月31日まで社会的な立場としては、大学生でした。

 

そうです。新卒でNGO職員になったのです。

 

海外事業部アジア事業のサブマネージャーとして、今月中旬よりカンボジアはバッタンバンに駐在予定です。

大学生時代はテラ・ルネッサンスでインターンをしたり、内閣府主催のグローバル・リーダー育成事業「シップ・フォー・ワールド・ユース・リーダーズ」に参加したり。休学をして、同団体ウガンダ事務所、カンボジア事務所でインターンをしたり。2016年の夏休みにはまたウガンダ事務所でインターン、その帰りにルワンダ、タンザニアをうろうろしたり。同年10月からは、同団体フェローシップ(=有給インターンのような感じ)として国内の広報・ファンドレイジングに携わったり。卒業論文を書き終えた後には、カンボジア事務所へ行ったり来たり。

あ、屋久島でイソウロウなんかもさせていただきました。

[kanren postid="58"]

そう、わりと色々してきました。今の所、大学生活に悔いはありません。

 

なぜ、今ブログを始めるのか


これまでは「大学生」という社会的立場を、都合よく活用していました。

ある時は、

「大学生だからこそooができる」

と考えたり。またある時は、

「まだ大学生だからooはしなくていいや」

と考えてみたり。

 

後者のooに当てはまるものの1つが、「発信」なんです。

というのも、社会には自分なんかよりも知識・経験が豊富な先輩方がごまんとおられます。そんな中で、まだまだ未熟な自分が「発信」をするのは早すぎる、と考えていたのです。

そんな私のスイッチを入れてくれたのが、テラ・ルネッサンスにインターンとして現れた原貫太さんです。

「発信」に真摯に取り組む彼の姿が、今、私にパソコンをかたかたさせています。

というのは過言です。(笑)

現在の情報社会においては、膨大な量の情報が飛び交っています。その気になれば、お金をかけずにそれなりの情報が簡単に手に入る時代です。逆に、その気になれば、誰でも「発信者」になれる時代です。

たくさんの方がブログやSNSで次のように言っているように、「何を発信するかより、誰が発信するか」が大事なのです。

なら、その「誰が」の1人に私もなりましょう。ということです。

 

このブログを通して


読者の皆様が「心の声」に耳を傾ける機会を持つ一助となればと思います。

というのも、私の学生生活や新卒としてのキャリアをすでにご存知の皆様はお分かりでしょうが、私は自分の「心の声」に正直に生きてきました。

そして今、とても幸せです。これまでの23年間、人生に後悔はありません。

この感覚、この幸せを皆様にも感じていただきたいのです。

皆様は今の生活に満足していますか ?

本当にやりたいことができていますか?

もちろん、それぞれの幸せがあって、それぞれの事情があるのは百も承知しています。今の生活を全て投げ捨てて、やりたいことをやりましょう、なんてことは言いません。

・・・・・・

かなり飛躍してしまいますが。

今、こうしてブログを書いているこの時間にも、世界のどこかでは銃声が鳴り響き、たくさんの命が奪われています。

今、あなたが大事な人と笑い合って暮らしている世界の裏側では、生命の危機に晒され、辛く悲しい生活を強いられている人々がいます。

本当にそれでいいんでしょうか?

これまで、途上国での支援現場に携わってきた私だからこそ、皆様にお伝えできることがあります。

今、新卒でNGO職員という道を選んだ私だからこそ、皆様にお伝えできることがあります。

これから、国際協力師として現場のプロジェクトに携わる私だからこそ、皆様にお伝えできることがあります。

このブログをお読みいただき、忙しい日々の中で皆様が、つい「聴こえていないことにしがち」な心の声を聴く時間を持つことにつながれば、幸いです。

その「声」があなたを国際協力や、世界の平和に関する思慮・行動に導くのなら、一層、私としては嬉しく思います。

これから、「世界の裏側」で起こっている問題や、テラ・ルネッサンスが行なっている活動の紹介。それから私自身の頭の中にあることを、少しずつ言葉にして、皆様にも共有していきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ウガンダの元少女兵が連れて帰ってきた子どもと

認定NPO法人テラ・ルネッサンス(平和教育・地雷・小型武器・子ども兵)とは
「すべての生命が安心して生活できる社会(世界平和)の実現」を目的に、2001年に設立されたNPO法人です。「地雷」「小型武器」「子ども兵」という3つの課題に対する支援活動に加え、国内での「平和教育」における啓発・提言活動の両面から、本質的な課題解決に取り組んでいます。主な活動地域はアジア・アフリカで、カンボジア、ラオス、ウガンダ、コンゴ(民)、ブルンジ、日本の6ヶ国です。

↑このページのトップヘ